頭皮管理人です。

は天気が変わりやすく、頭皮乾燥につながりやすい季節です。頭皮の臭いの発生原因でもある乾燥しやすい時期で暖房もつけ始める家庭が多く見受けられます。さらに、職場でも暖房器具が使われるようになり、頭皮の乾燥を促進させます。

秋_頭皮_乾燥

季節の変わり目は体調も変化しやすいですが、頭皮の環境も変化しやすいと覚えておきましょう。

秋の天候変化で頭皮環境がついていけない

秋の空は変わりやすいです。それは十分感じていると思います。冬が一番乾燥しやすいのは間違いありませんが、秋は乾燥とじめじめが忙しく切り替わる時期です。秋は台風が通過していくため、気温が上がったり、雨での湿気が多くなる。また、夏の紫外線のダメージが表面化する時期です。

この時期にしっかりとケアできるかで、冬の乾燥に耐えられる頭皮と髪の毛かが決まります。

秋のやっておいた方が良いケア方法

秋の天気の特徴と、夏の紫外線の表面化など様々なマイナス要因がある中で、頭皮ケアをしておいたほうが良いことをまとめてみます。

夏のダメージを除去する

夏に紫外線をたくさん浴びて髪の毛がボロボロになってしまった。そんなあなたには、キューティクルのダメージ補修が必要です。

キューティクルのダメージ補修ができる成分が配合されているコンディショナーや洗い流さないトリートメントを使ってみましょう。キューティクルは、外部の刺激を防ぐのと内部の水分を外に出さない重要な役割があります。そのキューティクルがめくれていたり、はがれていると内部の水分が外へ出てしまい髪の毛の乾燥につながります

髪の毛の乾燥は静電気を生み出して、最終的には頭皮の環境も悪化させ、頭皮の臭いにつながります。頭皮の臭いを悪化させないように気を付けましょう。

最悪、ダメージのひどいところは補修をするよりも切ってしまったほうが良いです。バサバサの毛先はなかなか元に戻りませんし、髪の毛にダメージがあった場合もう元には戻らない可能性もあります。時間を有効に使うために、ダメージの大きい部分の髪の毛を切るというのは非常に有効です。

頭皮を保湿する

夏のダメージを除去したら、次にしたいのが保湿です。何よりも保湿というのは大切だと認識してください。頭皮の保湿ができていないと皮脂欠乏性皮膚炎になる可能性もあります。皮脂欠乏性皮膚炎は、乾燥することによって起きる湿疹の一つです。

また、皮脂欠乏性皮膚炎にならなかった場合は、保湿をしないことで乾燥を招き、頭皮に皮脂の異常分泌が起きると頭皮の臭いの発生につながります。

頭皮が乾燥している状態がひどいと、皮脂欠乏性皮膚炎になり、皮脂の分泌がなくなります。しかし、ただの頭皮の乾燥だと、皮脂の異常分泌が起きます。人や個人差もありますが、基本的に頭皮が乾燥すると、皮脂の異常分泌が起きると思ってください。

暖房に気を付ける

秋は暖房が入り始めます。そのため、暖房器具による乾燥も原因として入ってきます。頭皮の乾燥を防ぐためにも、暖房をあまり強くしすぎない、もしくは乾燥しているのであれば、湿度を保つ工夫をしてほしいと思います。

この暖房の部分は頭皮に何かするだけでは対応しきれません。暖房器具の乾燥は思っている以上に影響が強く、のどや鼻が乾燥して痛くなった経験はありますよね?もう、水を飲むくらいしか対処法がないのと同じで、頭皮に水をかけるわけにはいきませんから、空気中にスプレーで水をまいたり、または加湿器も同時に使うなど、乾燥の対策をしてください。

秋の頭皮の乾燥を防ぐには

秋の頭皮の乾燥を防ぐには、夏のダメージを除去し、頭皮をしっかりと保湿。そして、暖房器具のスイッチを入れたら、部屋の湿度には気を配る。です。

これによって秋独特の頭皮の乾燥を防ぐことができます。頭皮の乾燥の原因は個人差があり、一般的な話です。秋の季節の特徴に当てはまればぜひ実践してもらいたいです。

特にダメージケアと保湿を気を付ける部分では、シャンプーの選び方、コンディショナーの選び方が大変重要になってきます。ダメージケアができて保湿もできる成分が十分に配合されているシャンプーとコンディショナーなのかを確認してみましょう。

頭皮の乾燥に悩んでいるのであれば、シャンプーの洗浄成分にも十分に気を付けてください。シャンプーの洗浄成分が頭皮を乾燥させていることは珍しい話ではありません。頭皮の環境を整えるためにもシャンプーをしっかりと選びましょう。

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング