頭皮管理人です。

髪の毛を早く伸ばす方法を知りたくありませんか?髪の毛は日々約0.4㎜伸びています。1年間で約12㎝伸びます。でも、もっと早く伸ばしたい。憧れの髪形がある。そんな人のために、髪の毛を早く伸ばす方法を伝授したいと思います。

必殺!髪の毛を早く伸ばす方法!生活に気を付ければ髪を早く伸ばせる

髪の毛を早く伸ばす方法であなたの憧れの髪形へ近づくのに必要なことはたくさんある。気を付けてほしいのは、髪の毛を早く伸ばす方法と髪の毛や頭皮にダメージを与えないこと。そして、髪の毛が伸びるのに邪魔になることはしないことです。

髪の毛を早く伸ばす方法

髪の毛を早く伸ばす方法を3つの要因に分けてお話してみましょう。できる限り短くまとめて、普段の日常生活で注意しなくてはいけないことをまとめていきましょう。

髪の毛や頭皮にダメージを与えない

頭皮は髪の毛の土壌です。頭皮環境が悪ければ、もちろんその上に生える髪の毛にも影響を及ぼします。頭皮を乾燥から守ったり、炎症を作らないようにするのがまずは先決。

・毛先が傷んでいたら、ダメージを多く受けている部分をカット

・熱によるダメージを防ぐため、ドライヤーやコテを使いすぎない

・頭皮を乾燥させないために髪の毛を洗う時のお湯の温度は38度

頭皮や髪の毛のダメージを防ぐと栄養素が逃げ出さないので、必要な栄養素を髪の毛や髪の毛を伸ばすのに必要な毛母細胞の促進につながります。毛母細胞は頭皮にありますので、頭皮環境を整えることで髪の毛が早く伸びることにつながります。

髪の毛を伸ばす邪魔をしない

髪の毛を伸ばす邪魔とはどんなことか?簡単に言うと上のダメージも邪魔をしないに含まれます。しかし、もっと気づかなかったことを書いていきたいと思います。

・ストレスをためない

・無理なダイエットはしない

・睡眠不足を解消する

髪の毛の成長にストレスは非常に邪魔です。ストレスによって自律神経が乱れると、血行が悪くなります。また、活性酸素も発生し、頭皮や髪の毛の臭いも発生させます。髪の毛伸ばしたけど、臭い。は避けたいです。

無理なダイエットは髪の毛へ必要な栄養素を届けることができなくなります。ダイエットも、体を動かす健康的なものに変えてください。体を動かすと、ストレスも解消されます。

そして最後の睡眠不足。睡眠はすべてにおいて必要なものです。ストレスやダイエットにストップを掛けれなかったとしても、これだけは絶対にやってください。睡眠が活発になるとストレスを解消することもできますし、やせる体質を作ることもできます。睡眠は万能です。睡眠中に髪の毛の成長も促進されますし、活性酸素の除去もできますので、頭皮や髪の毛が臭くなったら、寝る。これも大切なことです。

髪の毛を早く伸ばす方法

いよいよですね。髪の毛や頭皮にダメージを与えないで髪の毛を伸ばす邪魔をしないをすると、髪の毛を早く伸ばす方法が最大限の効果を発揮してくれます。

・頭皮の血行を意識する

・髪に必要な栄養素を摂る

・頭皮を清潔に保つが刺激は低刺激で

頭皮の血行を意識する。頭皮の血行を意識すると何が良いのか?毛母細胞の活性化です。睡眠をしっかりととることと、血行を促進することで、毛母細胞を活発にすることができます。毛母細胞は髪の毛を作る場所です。活性化すれば、髪の毛を早く伸ばすことができます。

髪に必要な栄養素を摂るのは、絶対です。髪の毛を作る毛母細胞が活発になっているのに、作り出すために必要な材料がなければ意味がありません。髪の毛に必要なたんぱく質や、ミネラル、ビタミン類をたくさんとりましょう。そして、髪の毛の成長にもう一つ必要なのが亜鉛です。亜鉛は髪の毛のケラチンを作りだすのを促進してくれます。亜鉛はカキや牛肉、豚レバーに豊富に含まれます。バランスよく食べましょう。

頭皮を清潔に保ち、刺激は低刺激に抑える。これは頭皮管理人が体験した頭皮の臭いやフケを促進しないためです。また、髪の毛が伸びても、汚い毛穴だとくせ毛になることが多く、イメージしていた髪の毛を作れない可能性があります。刺激が強いシャンプーを使うと、頭皮の乾燥や炎症を招きますし、洗浄力の強いシャンプーを使うと乾燥につながって頭皮ダメージとなります。

髪の毛を早く伸ばすには?

髪の毛や頭皮にダメージを与えないようにする。濡れた髪でブラッシングや髪の毛の自然乾燥もダメージにつながりますのでやめましょう。

髪の毛を早く伸ばす方法はとにかく、髪の毛と頭皮を健康に保つことです。そして、頭皮を健康に保つことができないのは、シャンプー選びの失敗が多いのと、睡眠不足による髪の毛が伸びるのを邪魔することを自分でしていることが多いです。

生活習慣の見直しと、低刺激で適度な洗浄力のシャンプーを使うことで、頭皮と髪の毛は元気になり、自然と髪の毛を早く伸ばす方法となります。

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング