あなたのパックリ割れる前髪の原因と直し方をわかりやすく紹介します

 

前髪が割れる原因は何か?どうして前髪が割れてしまうのか?

答えって知ってますか?

前髪が割れる!朝から「あーー!もういや!!」とならない一工夫

 

前髪に生えグセがついているとか、乾かし方がうまくいかなかったのか?とか、前髪が割れる原因は何となく思いつくとは思います。

前髪がパックリ割れる原因と、その原因ごとの改善方法をできるだけ分かりやすく書いてみたいと思います。前髪が割れるのはどうしてでしょうか?

私自身も前髪が割れるのが悩みですので、真摯に向き合いたいと思っています。

 

パックリと前髪が割れる原因3つ

 

前髪が割れる原因は様々あります。いろいろな角度で考えてみましょう。

 

前髪が割れる原因① 髪の毛がダメージを受けている

 

髪の毛がダメージを受けて、水分が抜けた状態。もしくは雨の日のように湿度の高い日には、髪の毛の中の水分量が変化してしまいます。水分量が変化すると、髪の毛がうねるようになります。うねりによって髪の毛が割れてしまうのであれば、これが原因です。

 

前髪が割れる原因② 乾かし方が良くない

 

ドライヤーを下から当てていませんか?ドライヤーを下から当てると髪の毛が乱れやすく一部分特に前髪中央から割れることがあります。

また、自然乾燥させる人もいますが、これもよくありません。

あなたの前髪の本来のクセがそのまま出てしまいますし、実は頭皮の臭いを発生させるという最悪の事態を招くことにもなります。

 

前髪が割れる原因③ 髪の毛の生えグセが強い

 

髪の毛の生えグセが強い人は、もうそれ自体が原因なので、対策方法を考える必要がありますね。

先ほどと同じように、そんな生えグセが強い人がシャンプーあとに自然乾燥させていたり、少し時間をおいてから乾かしているようなら、生えグセがそのまま出てしまうので気を付けましょうね。

 

特に、前髪を短くしているとクセが出やすいので、前髪の生えグセが強い人はオン眉などの前髪は作らない方がいいかもしれませんね。

 

前髪の割れる原因から直し方を公開!

 

あなたの前髪がパックリ割れる原因がハッキリしたら、あとはその原因に合わせた直し方を実践してみてください。

 

パックリ前髪の直し方① 髪の毛を健康にして改善

 

水分量を均一にするためにも頭皮の健康を整えるようにしてください。頭皮の血行不良や、栄養がしっかりといきわたっていない可能性もあります。

髪の毛のキューティクルが開いていると、水分は抜け出しますし、侵入もしてきます。髪の毛のダメージを防いだり改善することは前髪が割れる改善に非常に有効です。

 

>>髪の毛・頭皮の健康に有効な成分たっぷりのハーブガーデンシャンプーの体験レビューを公開!

 

パックリ前髪の直し方② ドライヤーの上手な使い方で改善

 

ドライヤーを当てるとき、下から上にバァーっと乾かしてしまうと絶対に前髪が割れますので、ドライヤーは上から下に向かって当てるようにしましょう。

また、濡れた髪の毛はキューティクルが開いた状態になっているので、乾かす工程にチャンスがあります。

ドライヤーで乾かすときにクセが作られないようにまっすぐ乾かすのが大事です。

そして最後には冷風にしてあげると、髪の毛のキューティクルがキュッと引き締まるので、よりキレイに見えますよ。

 

パックリ前髪の直し方③ 髪の毛の生えグセを見極めて!

 

前髪の生えグセの直し方としては、まず自分の髪の毛の生えグセの方向を見極めることです。

そして、前髪を乾かす時には、ロールブラシなどを使って、顔の真ん中に来るように左右両方をクロスさせるようにとかしながら乾かしてみましょう。

例えば、少し髪の毛を上にあげたまま乾かしてみると、少しフワッとした仕上がりになります。

 

お風呂上りのタオルターバンなども前髪の生えグセを強く出してしまうので、やめましょうね。

 

割れる前髪の原因と直し方のまとめ

 

いったん、上記のように髪の毛のダメージをケアしたり、前髪の乾かし方を工夫してみてください。それでもダメなら、ダメージケアや乾かし方では難しい場合は、縮毛矯正やあえて前髪にパーマをかける方法などもあります。

この点については、実際に今の自分の髪型、長さ、ダメージ、質感などが関係してきます。そのため、美容師と相談してみることをおすすめします。

私も前髪を作ると、前髪が割れる悩みを持っています。ほとんどの人は持っているかもしれませんね。セットに少しでもお役立てください。

 

 

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング