頭皮管理人です。

 

アルコール脂漏性皮膚炎の症状を悪化させる原因となります

 

アルコールは、気の合う仲間と他愛もない会話を楽しみ日常のストレスを解消できますよね。
でも、思い出してみてください。
アルコールを摂取して家に帰ってふと気が付いたら
頭がかゆい!
なんてことありませんでしたか?

 

脂漏性皮膚炎とアルコールの関係性は?アルコールが与える悪影響は?

 

頭皮がかゆくなるのは、かゆみや炎症を抑える働きをしてくれるビタミンの働きがアルコールによって邪魔されるが原因です
脂漏性皮膚炎で悩んでいるなら、は控えた方が良いと言えます。
とは言っても、お酒が好きな人はなかなかそうはいきませんよね。

そんなあなたには、アルコールが与える脂漏性皮膚炎への悪影響から、他の部分でその悪影響を抑える方法をご紹介したいと思います。

これからの脂漏性皮膚炎との付き合い方を考える上では、アルコールが脂漏性皮膚炎に与える影響について知っておいた方がいいでしょう。

 

脂漏性皮膚炎とうまく付き合うために、アルコールをやめずにほかの部分でできる脂漏性皮膚炎対策も参考にしてみるといいでしょう。

 

 

アルコール摂取は脂漏性皮膚炎を悪化させる!

 

適量のアルコールであれば、体内の修繕機能を上回ることがないので、アルコールの影響が現れる事は少ないのですが、大量にアルコールを摂取すると、体内の修繕機能の働きを邪魔してしまうんです。
缶チューハイやビールなら、500ml程度が適量と言われているので、お店での食事中に飲むとしても、1杯~2杯以内で収めておきたいですね。アルコール度数が高いお酒になると、もっと少ない量が望ましいです。

 

1日に飲んでも大丈夫と言われるアルコール量比較!
  • ビール(度数5%)     500ml
  • 缶チューハイ(度数5%)  520ml
  • ワイン(度数14%)      180ml
  • 日本酒(度数15%)      180ml
  • 焼酎(度数25%)      110ml
  • ウィスキー(度数43%)   60ml

 

※この量まで飲んでも影響がないという訳ではなく、あくまで目安ですのでご注意ください。

 

すでに体験した事がある人もいると思いますが、お酒を飲むと皮膚がかゆくなる人がいます。
特に脂漏性皮膚炎の場合、その影響が顕著に現れてしまうのは、脂漏性皮膚炎を治すために働いている成分が、アルコールによって阻害されてしまうからです。その成分とは、ビタミンです。
ビタミンには皮膚の修復機能があります

 

脂漏性皮膚炎の治療時に処方される薬の中に、ビタミン剤がありますが、このビタミン剤は具体的にはビタミンB2とビタミンB6です。
この2種類のビタミンが、あなたの皮膚(頭皮)の修繕を行ってくれる成分なんですが、せっかく体内に取り込んだこのビタミンの働きを阻害してしまうのが、アルコール成分なんです。
ですので、脂漏性皮膚炎の治療薬で治療していたとしても、アルコールの摂取により脂漏性皮膚炎の治療が思うように進まず、悩み続けてしまいます。

 

脂漏性皮膚炎が悪化するのはなぜだろう?

 

そもそも脂漏性皮膚炎という皮膚炎は、3つの要素の悪循環が引き起こしているのをご存じですか?

 

脂漏性皮膚炎を引き起こす3つの要素
  • 皮脂…保湿するために地肌から自然分泌されます。常在菌や雑菌の栄養源でもあります。
  • 常在菌(マラセチア菌)…皮脂や汗を食べ、病原性微生物の繁殖を抑えます。
  • 脂肪酸…常在菌から生成され、皮膚を弱酸性に保つ事で雑菌の繁殖を抑えます。

 

本来はこれら3つの働きによって、頭皮は健康を保てるのですが、食生活や生活リズム、ストレスなどでバランスを崩すと脂漏性皮膚炎などの皮膚炎を引き起こしてしまうんです。

 

またアルコールと一緒に脂っこい食べ物や塩辛い食べ物を食べると、体内に脂質が溜まりやすくなり、皮脂量が増えます。すると常在菌の異常繁殖を招き、さらに脂肪酸が異常生成されます。
この脂肪酸は酸性ですので、大量に生成されると皮膚へ強い刺激を与えてしまうため、これが原因で頭皮がかゆくなったり、フケが出てきたり、ひどい臭いを発生させ、炎症がひどくなると鱗状のブツブツになったりします。

 

 

ビタミンVSアルコール!脂漏性皮膚炎への影響

 

ここで、この悪循環にアルコールがどのように関わっているのかを詳しくご説明しましょう。まず、脂漏性皮膚炎の治療のために服用するビタミンがどのような目的のために処方されるのかをご説明します。

 

  • 『発育のビタミン』…ビタミンB2

体の細胞を再生させたり、発毛などにも関係してくるビタミンです。体内の脂質をエネルギーに換え、皮膚の再生を助けます。脂質をエネルギーに換える為、余計な脂質が体内に蓄積されるのを抑制する働きがあるともいえます。

 

  • 『皮膚のトラブルに』…ビタミンB6

タンパク質を体内に吸収しやすいアミノ酸に分解して、体中に供給する働きがあり、皮膚の新陳代謝にも大きく貢献してくれます。健康的な肌を作るためにはアミノ酸が必要ですので、きれいな肌を作る手助けをしてくれる。

 

この様に、ビタミンB2とB6は体内の脂質やたんぱく質を使って、皮膚の再生に必要な働きをしてくれるので、脂漏性皮膚炎の原因ともなる皮脂の異常分泌が抑制できるんです。
ただし、これらビタミンの特徴として、体内のアルコール分解という役割も担っている事が大きな問題なんです。

 

ビタミンB2やB6で皮膚の新陳代謝を活発にして皮膚を再生しているのに、アルコールを大量に摂取してしまうと、脂質やたんぱく質の分解を後回しにしてアルコールの分解のために働くため、本来期待できる働きができません。

 

アルコールを飲んでもできる日ごろの脂漏性皮膚炎対策

 

脂漏性皮膚炎の改善を妨げ、悪化を止められなくしてしまうアルコール。脂漏性皮膚炎の辛さを考えたら、アルコールをやめてしまうのが一番だと思います。
でも、私もお酒が好きですので、「お酒をやめられない!」という気持ちもわかります。お酒を飲むとしても、「飲んでも1日ビール1缶にする」などの意識をしましょう。

 

治療には長期間かかると言われていますし、再発の可能性も高い病気です。さらに治療中も頭皮のかゆみや臭い、フケなどの症状と付き合っていく事になります。
脂漏性皮膚炎から解放されるその日まで、これらの症状を少しでも改善したいと思いませんか?
その為にできる事として、当然ビタミンの摂取による体内からの働きも大事ですが、同時に外からもケアをする事で、頭皮のかゆみや臭い、フケなどの症状緩和につながりますので、頭皮の健康についても考えてみた方がいいです。

 

脂漏性皮膚炎対策にはシャンプーも重要

 

頭皮のケアはシャンプーを変えるのが一番効果的です。
しかし、CMなどで有名なシャンプーは洗浄力と刺激が強いため、使わない方が良いです。シャンプー選びも脂漏性皮膚炎を改善するのに重要なことです。

 

石油系界面活性剤を使用したシャンプーの中には、『ラウリル』や『硫酸』という成分があり、これらは食器用洗剤、洗濯洗剤、歯磨き粉にも含まれていて、強い洗浄力があります。
つまり、頭皮に与える刺激がとても強いという事です。

 

シャンプー選びで大事なのは、頭皮にダメージを与えず、健康な状態にする事です。
ちなみに私が選んで使っているシャンプーは、ハーブガーデンシャンプーです。
天然由来の成分で作られており、1年間使い続けているシャンプーです。
ハーブガーデンシャンプーは、低刺激でありながらも適度な線助力のあるアミノ酸シャンプーです。石油系界面活性剤・合成香料・着色料・保存料が一切使われていません。

 

また、ハーブガーデンシャンプーは、7種類のハーブを煮出して作られたハーブウォーターを使用しています。さらにハーブガーデンコンディショナーはいろいろな使い方ができるコンディショナーで、使い勝手も良いです。

 

あたしも1年くらい使い続けていますが、返金保証もしっかり設定されているので、買い始めるときにも安心して試すことができました。

 

>>頭皮管理人が実際に使って評価したハーブガーデンシャンプーの体験レビュー

 

>>ハーブガーデンシャンプーの公式ページはこちら

 

脂漏性皮膚炎や頭皮のかゆみにKADASONシャンプー

 

アルコールの摂取によって頭皮のかゆみや脂漏性皮膚炎の炎症の悪化を気にするなら、『KADASONスカルプシャンプー』は試してみましたか?
このKADASONスカルプシャンプーは、かゆみやフケなどの頭皮トラブルに対しても効果を得られたと感じている口コミが多数あるので、ちょっと調べてみました。

脂漏性皮膚炎患者などの皮膚炎患者を診ている皮膚科専門医が監修したシャンプーで、皮膚科患者さんの評価を得て商品化したという期待の商品のようです。

また、配合されている成分についても、脂漏性皮膚炎などの頭皮トラブルに期待できる抗炎症作用・抗菌作用・保湿成分などが配合されています。かゆみを抑えたり、皮脂のコントロール、雑菌の繁殖を抑えることができるということですね。

このKADASONスカルプシャンプーは、こんな悩みを持っている方におすすめです。

 

  • 頭皮のかゆみがどうしょうもなくてイライラしている
  • 頭皮の臭いやべたつく髪が不潔だと思われていないか不安
  • 今までのシャンプーでは改善できなかった
  • とにかく脂漏性皮膚炎を改善したい

 

あなたが一つでも当てはまるのなら、その頭皮の悩みを解決する力になるかもしれません。

 

 

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング