頭皮管理人です。

 

女性ホルモンが頭皮の脂漏性皮膚炎頭皮湿疹)の悪化に影響するというのは、女性ホルモンと男性ホルモンのホルモンバランスが崩れることが大きな要因です

頭皮の脂漏性皮膚炎に効果的なお手入れ4ステップで頭皮ケアを実践しましょう。

男性にも女性にも、男性ホルモンと女性ホルモンの働きが様々な影響を与えます。
女性の場合は体の構造上、女性ホルモンの影響で、生理前のイライラなどの体調の変化も脂漏性皮膚炎の悪化の要因になってしまいます。

 

脂漏性皮膚炎は頭皮などの脂漏部位に発症し、頭皮のかゆみや臭い、うろこ状のブツブツなどが大きな症状ですね。

とても辛い症状です。
この脂漏性皮膚炎の発症の原因を考えてみましょう。

 

女性は生理前になると女性ホルモンの分泌量が変化し、皮脂の分泌量が増える時期があるのをご存知ですか?

また、その時期になると、体調の変化からイライラしやすく、ストレスを感じやすくなります。
ストレスによっても皮脂の過剰分泌などを引き起こすんです。

脂漏性皮膚炎は、皮膚の常在菌(マラセチア菌)というカビ菌のエサとなる皮脂の過剰分泌が原因で発症することがあります

だからこそ、生理前の女性のイライラは脂漏性皮膚炎の原因にもなるということですね。

 

でもあきらめる必要はありません!
ホルモンバランスの崩れによる生理前のイライラなどにも対策方法はあります。

その対策を実践するためにも、女性ホルモンが体と心に与える影響について知っておきましょう。

 

 

女性ホルモンによる生理前の体調の変化が脂漏性皮膚炎に与える影響を知ろう!

 

女性ホルモンの乱れは脂漏性皮膚炎が悪化する?生理前は特に注意1

 

女性ホルモンが 1番影響を受けるは周期的にやってくる生理ですよね。28日周期でホルモンのバランスが変わり、可愛い子どもを授かるために必要な準備をする女性特有の事です。
また、人によって痛みを伴ったり、イライラしたり、身体的にも精神的にもつらい状態になる期間です
この生理には、女性ホルモンの中でも卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きが大きく関係しています。そして特に女性ホルモンの分泌量が生理前2週間頃から増えていき、生理前1週間くらいで最大量に増えます。
この時に女性ホルモンの影響をもっとも受けやすくなるんです。

 

女性ホルモンが脂漏性皮膚炎を悪化させる!?女性ホルモンが頭皮に与える影響③

 

この2つの女性ホルモンの働き中で、特に脂漏性皮膚炎の要因になりうるのが、、、

 

  • 食欲が増す(黄体ホルモン)
  • イライラする、憂うつになる(黄体ホルモン)
  • 肌の潤いを保つ(卵胞ホルモン)

 

思い返してみてください。生理前になると、食欲が増したり、イライラしやすくなったり、気持ちの浮き沈みが激しくなるという事ありませんか?

また、人によっては、生理前になると体臭が強くなる人もいます

女性ホルモンの量がグッと増える事で色々な症状が起きます。
脂漏性皮膚炎とどんな関係があるのかも知っておいた方がいいですね。

 

頭皮の湿疹を悪化させる女性ホルモンの3つの働きと対策

 

女性ホルモンの乱れは脂漏性皮膚炎が悪化する?生理前は特に注意2

 

女性ホルモンの働き① 食欲が増す

 

生理前になると、いつもよりガッツリ食べてしまって、「太っちゃう」なんて経験ありませんか?
エネルギーを作る為にも食欲は必要なので、ついつい食べてしまっても、「これは女性ホルモンのせいなんだ!」と考えて、自分を責めるのはやめましょう。

 

ただし、沢山食べてしまうと、それぞれの栄養素を大量に摂取する事になり、その中には脂質も多く含まれます。
本来は脂質はエネルギーに変換されますが、必要量以上の脂質は体内に蓄積されて皮脂分泌量の増加に繋がります

 

脂漏性皮膚炎の原因菌となる常在菌(マラセチア真菌)は、皮膚上の皮脂や汗をエサとして繁殖します。つまり、皮脂量が増えると、皮脂をエサとしている常在菌が繁殖しやすくなり、脂漏性皮膚炎の発症や悪化に繋がるのです。

 

生理前はイライラしやすく、ストレスを感じやすいので、穏やかでいる為にも食欲を満たすことは必要だと思うので、食べる食材に気を付けましょう。
脂質の多い食べ物はできるだけ避けて、脂質を体内に蓄積させない事が望ましいです

また、アルコールや香辛料はかゆみを引き起こす原因にもなりますので、生理前のイライラを助長させないためにも控えましょう。

生理前におすすめの食材は?
  • 肉類(カルビ、ベーコン、ソーセージなど)
  • バター、マーガリン、マヨネーズ
  • ケーキ、アイス
  • ピーナッツ、落花生など

 

女性ホルモンの働き② イライラする、憂うつになる

 

生理前になると女性ホルモンの増減が激しくなり、ホルモンバランスが乱れてしまい、精神的にも不安定になりがちです。
そこに生理痛が重なり、さらに脂漏性皮膚炎のかゆみや臭いでイライラはMAXに。ちょっとした事でもストレスに感じてしまいます。
これも多くの女性が抱えている悩みでしょう。
しかもイライラしていると、ついつい頭を掻きむしってしまいます。頭皮をさらに傷付けてしまい、脂漏性皮膚炎をさらに悪化させてしまう事になります。ストレスも脂漏性皮膚炎などの病気の悪化原因の一つですので、ホルモンバランスを整え、イライラしない状態が望ましいですね

 

大豆、豆腐、チーズを食べましょう。大豆イソフラボンはポリフェノールの一種で、女性らしい体を作る働きがあり、女性ホルモンに似た働きをしてくれると言われています。イライラや憂うつなど、原因はホルモンバランスの乱れですので、女性ホルモンに似た働きをする食材「大豆イソフラボン」を摂ると、ホルモンバランスを整えることができます。

 

女性ホルモンの働き③ 肌の潤いを保つ働き

 

肌の潤いを保つ働きとは、つまり保湿の為に皮脂の分泌量を増やす様に作用すると言う事です。この影響を受けやすいのが、『脂漏部位』という汗腺が多くある部位になります。

 

女性ホルモンが脂漏性皮膚炎を悪化させる!?女性ホルモンが頭皮に与える影響①

 

脂漏部位は、脂漏性皮膚炎になりやすい場所でもあります。
なぜなら、脂漏性皮膚炎の原因菌である常在菌(マラセチア真菌)のエサとなる皮脂や汗が豊富にあるので繁殖しやすいのです。

特に脂漏部位には常在菌の他にも雑菌が繁殖しやすい環境が整っていますので、皮脂というエサがあればすぐに雑菌が繁殖してしまい、脂漏性皮膚炎の症状悪化を引き起こします。

 

女性ホルモンの働きは変えられません。日々、体を清潔に保つために体を洗い、お風呂に入るようにしましょう。
シャワーで洗い流すのも効果的ですが、一番効果的なのは入浴です。
温かいお風呂に浸かる事で気持ちも落ち着かせる事ができますし、汚れを洗い流すにはとても効果的です

 

 

頭皮の脂漏性皮膚炎に効果的なお手入れ4ステップ!!

 

脂漏性皮膚炎に悩んでいる方に朗報です。
実は日々のお手入れの方法を見直すだけで、頭皮ケアは簡単にできるんです

 

◆脂漏性皮膚炎の原因にも効果的なお手入れ4ステップ

女性ホルモンが脂漏性皮膚炎を悪化させる!?女性ホルモンが頭皮に与える影響②

 

女性ホルモンの影響で、脂漏部位の皮脂量が増えるのですが、頭皮にも同じことが言えます。
脂漏性皮膚炎の悪化を予防するためには、頭皮の皮脂量を正常な量に保つだけでなく、衛生的な環境にしておく必要があります

 

特に頭皮は髪の毛が密集しているので、湿度も高くなりやすく、菌の繁殖には絶好の環境ですから、日々継続して頭皮のケアをする事が必要なんです。
それなのに他の部位に比べ、髪の毛が密集している分皮脂が多く分泌されていたり、汚れに気づけない部位でもあります

 

だからといって皮脂を取りすぎるのも頭皮の乾燥を招き、逆に皮脂分泌が過剰になりますので、市販されている洗浄力の強いシャンプーでは逆効果です。洗浄力が強い分、肌への刺激も強すぎてかえって頭皮がかゆくなるという事も。

 

日ごろの頭皮や髪の毛のお手入れにこの4ステップを取り入れつつ、頭皮の臭いが気になっているのであれば、即効性のある美容液スプレーを活用するという方法もあります。
外出先でも気軽に使うことができる頭皮ケア用美容液スプレー『クリアハーブミスト』は、とっさの気になる臭いに効果を発揮して、あなたの不安を取り除いてくれます

 

 

女性ホルモンの影響にはハーブガーデンシャンプーで対策

 

ハーブガーデンシャンプーでシャンプーをした

 

私が使っているハーブガーデンシャンプーは天然成分100%で肌に優しく、それでいてしっかり汚れを洗い流してくれます。刺激もとても弱く、皮脂を取りすぎることもないので、頭皮のケアには最適なアイテムです。
また、コンディショナーも天然由来成分100%、26種類もの植物エキスが配合されています。
天然成分にこだわったハーブガーデンコンディショナーは頭皮に直接つける事ができますので、そのまま頭皮マッサージをする事で血行を促進したり、保湿効果を高める事ができます。

 

女性ホルモンの影響や生理前のイライラで皮脂の分泌量が増え、脂漏性皮膚炎の原因を作ってしまうなら、頭皮のお手入れ4ステップと合わせて、ハーブガーデンコンディショナーを取り入れた頭皮ケアも実践してみてはどうでしょうか?

 

 

脂漏性皮膚炎を改善したい人にはKADASONスカルプシャンプーで対策

 

KADASON_カダソン_手のひら原液

 

脂漏性皮膚炎を改善したいと悩んでいる女性なら、脂漏性皮膚炎に効果があると評価され商品化されたKADASONスカルプシャンプーが有効かもしれません。
女性ホルモンのホルモンバランスの崩れによって皮脂の分泌が多くなったり、常在菌の繁殖が多くなっているとしたら、KADASONスカルプシャンプーの有効成分が効果を発揮してくれる可能性が高いといえるでしょう。

 

女性ホルモンの乱れは脂漏性皮膚炎が悪化する?生理前は特に注意3

 

皮膚科専門医が監修したというKADASONスカルプシャンプーは、皮膚科通院中の患者さんに評価を得たことが商品化の決め手になったシャンプーです。
脂漏性皮膚炎のみではなく、特に脂性肌(オイリー肌)の頭皮のかゆみやフケの改善にも効果があったという口コミもありますので、チェックしておいた方が良さそうですね。

 

KADASONシャンプーの有効成分!
  • かゆみを抑える抗炎症成分:グリチルリチン酸2K
  • 常在菌の繁殖を抑える抗菌成分:サリチル酸
  • 保湿力で皮脂分泌をコントロール:シロキクラゲエキス

 

KADASONスカルプシャンプー公式HPをチェックしてみる

 

>>頭皮管理人の脂漏性皮膚炎おすすめ
シャンプーランキング<<

 

 

 

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング