頭皮管理人です。

ミドル脂臭シャンプーで改善ができます。その理由は、「ミドル脂臭の発生部位」「ミドル脂臭の原因物質」がシャンプーで改善できるからです。

【頭皮管理人セレクト】ミドル脂臭を改善するのに効果的なシャンプー

ミドル脂臭の発生部位は、後頭部と頭頂部と首です。後頭部が一番ミドル脂臭の臭いが強く、一番の発生部位だとも言われています。ミドル脂臭の原因物質は、ジアセチルです。ジアセチルは、汗腺から汗と一緒に排出された乳酸をブドウ球菌が代謝分解してジアセチルが産生されています。発生部位を考えるとシャンプーを使った方が効果的です。そして、そのシャンプーはジアセチルの抑制ができるシャンプーが望ましいってことになります。

ジアセチルの抑制には、フラボノイドが効果的だと言われています。フラボノイドは、ブドウ球菌を殺さずにジアセチルの発生を抑制してくれます。ブドウ球菌は常在菌なので、皮膚に必要な菌です。そのため殺菌が強すぎてしまうとトラブルの原因となります。

フラボノイドとミドル脂臭の関係

ミドル脂臭を発見したのはマンダムの研究チームです。そのチームはさらに、ミドル脂臭に効果的な成分を探すために、102種類の植物エキスでジアセチルの抑制効果を評価したところ、フラボノイドが含有された数種類の植物エキスがジアセチルの発生を効果的に抑制することを発見しました。

ジアセチルのまで道のり

乳酸→ピルビン酸→アセトイン→ジアセチル

フラボノイドが効果を見せたのが、乳酸→ピルビン酸の工程で代謝スピードを遅らせることに成功しています。その結果、ジアセチルの発生が抑制されています。ミドル脂臭に効果的なのはシャンプーであり、フラボノイドが入っているシャンプーを選ぶのが良いです。

シャンプー選びで忘れてはいけないこと

フラボノイドが配合されているシャンプーなら何でも良いとは思わないでください。ミドル脂臭になるのを防げても、皮脂が酸化した臭いや雑菌の繁殖による雑巾や納豆のような臭いは改善されません。

頭皮の臭いの原因として最も多いのが、頭皮の乾燥です。洗浄力の強いシャンプーや刺激の強いシャンプーを使い続けているうちに頭皮の環境が悪化していき、頭皮の臭いとなります。頭皮の臭いだけではなく、炎症ができた。湿疹ができた。という人もいるでしょう。皮膚は1枚でつながっていますが場所によって皮脂腺の数や皮膚の厚さは変化しています。

ゴシゴシこすれば、頭皮は傷つきます。洗浄力の強いシャンプーで洗えば、頭皮は乾燥します。なので、フラボノイドが配合されている頭皮に優しいシャンプーを選ぶことを忘れないでください。

私が使っているシャンプーの紹介

私が使っているハーブガーデンシャンプーは、頭皮への刺激は優しく適度な洗浄力で頭皮の健康を保ってくれます。また、植物由来の成分を豊富に使っていますので、フラボノイドが含有されている量も非常に多いです。

HerbGarden(ハーブガーデン)シャンプーの面白いところは、使われている水にあります。水にはあまりこだわりを持っていないシャンプーが多い中で、ハーブガーデンは水を7種類のハーブを煮出して作った「ハーブウォーター」を使っています。そのハーブウォーターに入っている7種類のハーブすべてにフラボノイドが含まれています。

成分表の一番上に来ているのはハーブウォーターです。ハーブウォーターの配合量が一番多いことを表しています。フラボノイドが豊富に含まれているハーブガーデンを使ってミドル脂臭の改善に動いてみましょう。

>>HerbGarden(ハーブガーデン)のハーブウォーターについて

>>頭皮管理人が実際に使って評価したハーブガーデンシャンプーの体験レビュー

>>HerbGarden(ハーブガーデン)コンディショナーを洗い流さないトリートメントとして使ってみた

>>HerbGarden(ハーブガーデン)コンディショナーを頭皮マッサージ用のクリームとして使ってみた

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング