頭皮管理人です。

 

脂漏性皮膚炎の治療には、唯一効果が認められている抗真菌薬のニゾラールがおすすめです

脂漏性皮膚炎になったら、その症状緩和に有効な抗真菌成分が含まれているからです

本当に脂漏性皮膚炎に悩んでいるなら、間違いなく耳にすることになる抗真菌ニゾラールに含まれる成分『ケトコナゾール』がマラセチア菌に対して抗真菌作用を示している事を知っていますか?
あなたが脂漏性皮膚炎に悩んでいるのであれば、使ってみたことがある!って人もいるのではないでしょうか。

脂漏性皮膚炎は、頭皮の臭いやかゆみ、かさぶたなど様々な頭皮環境の悪化を招きますので、とても重たい悩みだと思います。

抗真菌作用を示していると認められている抗真菌薬は数多くあるわけではないので、抗真菌薬ニゾラールはとても貴重な抗真菌薬だと思って間違いないでしょう。

 

しかし、この抗真菌薬ニゾラールは使い方を間違えると有害な一面もあります

結構辛く感じる副作用が現れる場合もあるんです。
抗真菌薬ニゾラールで脂漏性皮膚炎を抑えることができたのであれば、予防を心がけましょう。

 

まずは抗真菌作用があるとされている抗真菌薬ニゾラールについて、その効果と副作用を知り、正しい用法で脂漏性皮膚炎対策を行っていただきたいです。
それでは、ニゾラールの効果や副作用を簡単にまとめてみましたのでご覧ください。

 

商品名
ニゾラールローション2% 20g
ヤンセン ファーマ株式会社
価格
1gあたり36.9円
主成分

ケトコナゾール
塗り薬の特徴
真菌(カビ)の細胞膜合成を阻害し、病気の原因となる真菌の増殖を抑えることにより抗真菌作用を示します。
通常、皮膚真菌症(白癬、皮膚カンジダ症、癜風、脂漏性皮膚炎)の治療に用いられます。
副作用
刺激感、そう痒、接触皮膚炎、紅斑、小水疱など

 

副作用もあるので、長期的にはニゾラールの使用を終えて、頭皮環境の悪化を抑えるシャンプーをつかった対策が有効だと考えます

 

抗真菌薬ニゾラールで脂漏性皮膚炎の症状緩和に成功したのなら、その後の予防に有効な手段として、どんなシャンプーが有効なのかもご紹介します

 

ニゾラールで完治!?脂漏性皮膚炎に悩むあなたに吉報!!

 

 

脂漏性皮膚炎には抗真菌薬ニゾラールローションが使いやすい!

 

脂漏性皮膚炎で悩んでいる人の大半は抗真菌薬やステロイド、頭皮の脂漏性皮膚炎の症状緩和にも有効だと言われるシャンプーなどを活用していますね。

脂漏性皮膚炎に効く薬と言えば、抗真菌薬『ニゾラールローション2%』!

すでにご存じの方も多いですよね。

 

この抗真菌薬ニゾラール1gの中には、20mgのケトコナゾールという抗真菌成分が含まれていますが、このケトコナゾールが抗真菌作用を発揮してくれるのです

ケトコナゾールとはイミダゾール系抗真菌薬の1つで、殺真菌作用の効果が強く高い効果が期待できるとされています。

 

ニゾラールのすごいトコロ!
  1. 白癬(はくせん)に効く・・・足白癬、体部白癬、股部白癬
  2. 皮膚カンジダ症に効く・・・指間糜爛症、間擦疹(乳児寄生菌性紅斑を含む)
  3. 癜風(でんぷう)に効く
  4. 脂漏性皮膚炎に効く

 

このニゾラールローション2%のすごいトコロは、4種類の皮膚真菌症に対して効果が確認されているところです

 

さらに言うと、ニゾラールの注目すべき特徴は、「脂漏性皮膚炎に適応を持っている」という部分です

ニゾラールはマラセチア真菌を殺菌する事によって脂漏性皮膚炎に効果を示す事が臨床試験で確認されていて、脂漏性皮膚炎にも保険適応を持っている抗真菌薬です。

もちろん他にも抗真菌薬は存在します。マラセチア真菌に効くものは脂漏性皮膚炎にも効くと思われますが、ちゃんとした臨床試験をしていないので保険適応になっていないのです。そのため現状では抗真菌薬の中でも、脂漏性皮膚炎にはニゾラールが使いやすいという事になります。

 

ちなみに、私がネットで調べてみたところ、抗真菌薬ニゾラールはネットや皮膚科での処方などの方法で入手可能なようです。

価格はニゾラールローション10gで1200円程度。

頭皮に塗るのに10gじゃ、あっという間になくなりそうですね。

比較として、AmazonでオロナインH軟膏30gで475円となっていましたので、10g換算だと158円。
ニゾラールはその8倍の価格ということになりますので、高額な塗り薬と言えます。

 

脂漏性皮膚炎に効く抗真菌薬ニゾラールの副作用

 

脂漏性皮膚炎の悪化ストップ!マラセチア菌退治の薬はニゾラール!1

 

抗真菌薬ニゾラールが脂漏性皮膚炎への効果が期待できるとなれば、飛びつきたくなる気持ちもありますよね。
当然だと思います。

ただし、真菌に対して強い殺真菌作用があるとなれば当然副作用も発生してしまう事を忘れてはいけません。

では、実際にニゾラールにはどんな副作用が確認されているのでしょうか。

 

抗真菌薬ニゾラールの副作用
  • 皮膚の刺激感
  • 接触皮膚炎
  • かゆみ
  • 水疱
  • 紅斑
  • 発赤
  • 過敏症

 

ニゾラールの副作用はいくつか症状が確認されてはいますが、大きな副作用は少ないと言われています。

その理由の一つは、ニゾラールの皮膚浸透力の部分です。
ニゾラールは皮膚の表面である角質までは浸透しますが、それより深部にある真皮以下にはほとんど浸透する事はありません。
塗布後の血液検査でも血液中にまでニゾラールが浸透している事はないそうです。

だからこそニゾラールの副作用は、皮膚上のかゆみや刺激感などで済むという事がわかりますね。

 

ただし、これらはニゾラールの用法・用量をちゃんと守ってこその副作用ですので、使用する際にはしっかりと守りましょう。

ニゾラールの用法・用量としては、白癬・皮膚カンジダ症・癜風に対しては1日1回患部に塗布、脂漏性皮膚炎に対しては1日2回患部に塗布する事が説明書きに記されています。

 

頭皮の脂漏性皮膚炎にニゾラールとシャンプーの効果!

 

脂漏性皮膚炎の悪化ストップ!マラセチア菌退治の薬はニゾラール!2

 

皮膚科で脂漏性皮膚炎と診断されたら、抗真菌薬やステロイドなどが処方されますよね。
その時にお医者さんに頭皮のケアのためにシャンプーを変えましょうと助言された方もいると思います。

もちろん抗真菌薬などの効果で脂漏性皮膚炎の症状は緩和されますが、脂漏性皮膚炎は再発リスクが高い事でも知られています

 

しかも、抗真菌薬やステロイドは長期的に利用すると、その分副作用の危険性も高まるため、ずっと使い続けるという訳にはいきません。

 

そこで継続的な頭皮のケアに使ってみてほしいのが、低刺激のアミノ酸シャンプーです

 

注目され始めたKADASONシャンプーで脂漏性皮膚炎改善!

 

アミノ酸シャンプーの中でも、「脂漏性皮膚炎といえばKADASONシャンプー!」と言われるくらい、脂漏性皮膚炎の症状改善に効果があると言われているシャンプーがあります。

皮膚科医が、実際の脂漏性皮膚炎患者に使ってもらい開発されたシャンプーで、特に脂漏性皮膚炎のかゆみに効果を実感しているという口コミをいくつも見ますね。

私は特に、一般的な「油系」保湿成分は痒みの原因菌の餌になるためNGとし、水溶性保湿成分「シロキクラゲエキス」を配合するという細やかな配慮がすごいと思いました

 

KADASON_カダソン_単体

 

KADASONシャンプーの注目ポイントは?
  • 早い人は、使った初日のお風呂上がりから実感できる!
  • 頭皮環境を悪化させる石油系界面活性剤を使用してない!
  • 皮膚の荒れやかゆみが顔にも出ている方にも使える!
  • 長く使い続けることで、「掻く」行為を減らすことに!
  • 今なら25%OFFのお得な特別キャンペーンがある!
  • 送料無料も魅力!
  • 最大3,778円も割引に

 

 

皮膚科の先生から伝授された、ニゾラールローションを使ったシャンプー方法!

シャンプー:ニゾラール=8:2

この方法でシャンプーすると、さらにかゆみを抑えることができると聞きましたので、ぜひお試しあれ!

※効果を保証するものではありませんので、あしからず。

 

もちろん、脂漏性皮膚炎におすすめのシャンプーは他にもあります。
ニゾラールに近い効果を持ったシャンプーもありますが、脂漏性皮膚炎の炎症で過敏になっている頭皮に使うにはちょっとおすすめできないですね。

脂漏性皮膚炎には刺激をできるだけ抑えたシャンプーが良いと思いますが、実際に使うあなたが自分で判断した方が良いでしょう。その判断の参考になればと思います。

 

>>頭皮管理人の脂漏性皮膚炎おすすめシャンプーランキング<<

 

 

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング