頭皮管理人です。

 

重曹頭皮臭いを消すことができると聞いて、さっそく試してみました!

 

重曹でシャンプーをつくり、クエン酸でリンスを作りました。(作り方はこの後ご紹介しています。)
頭皮は弱酸性、重曹はアルカリ性の成分なので、頭皮を弱酸性に戻すためにもクエン酸での中和をするのが良いというのでクエン酸も使いました。

 

重曹とクエン酸を使った頭皮の臭い対策の効果としては、、、

  • 頭皮の皮脂を洗い流してくれる
  • 研磨作用で頭皮の汚れを落としてくれる

こんなワケで頭皮の臭い原因となる皮脂の酸化を抑制することにつながり、頭皮の臭い対策としては効果があるということになりました。

 

そして、頭皮管理人個人の見解としては、毎日重曹とクエン酸でシャンプーとリンスを手作りするのは、かなり面倒なので続けることはできません!!

 

重曹シャンプーは頭皮の臭いを消す対策になるのか?

答えは、頭皮の臭いを消す対策にはなる!でも、私は継続できないのでやらない!です。

 

というワケで、わたしは頭皮の臭いを消すシャンプーとして崇めているハーブガーデンシャンプーを使い続けることにしました
でも、重曹に興味がある方、気になったら何でも試してみないと気が済まないという方のために、重曹とクエン酸を使った頭皮の臭い消す対策方法をご紹介しておきたいと思います。

 

>>頭皮管理人が崇拝する頭皮環境に良いハーブガーデンシャンプーの公式ページを見てみる

 

重曹は頭皮の臭いを消す?自然派必見の重曹を使った頭皮の臭い改善!

 

重曹が頭皮の臭いを消すことができるか調査!

皮脂が酸化して頭皮の臭いを発生させてるなら効果がある

皮脂は弱酸性。重曹は弱アルカリ性。そのため、二つが混ざると中和されて頭皮の臭いを消すことができる。

研磨作用で頭皮の汚れを落とす

重曹は粒子が細かく、研磨剤として使われることもあるほど洗浄効果が高い。

アルカリ性だから中和しないといけない

クエン酸リンスなどを使っている人が多いようです。頭皮は弱酸性なので、必ず戻してあげるようにしてください。

 

調査した結果、重曹は何やら頭皮の臭いに効果的でありそうだということがわかりました。
でも、手間はかかる。ということがわかりました。

 

 

頭皮の臭いを消すという重曹シャンプーって何?

 

重曹シャンプーとは、重曹で作ったシャンプーです。
頭皮の臭いの原因である皮脂を洗い流してくれるので、皮脂の酸化を止めることができます。
また、研磨剤としても使われているため、洗浄効果も高いので、汚れを浮かせて落としてくれます。

 

その結果、頭皮の臭いの原因である皮脂の酸化や汚れを落として、頭皮環境を改善してくれるので頭皮の臭いを消すという効果が期待できるのです。

 

頭皮の臭いを消すために重曹シャンプーを手作りしよう!

 

頭皮の臭いに効果的な重曹シャンプーは、自分で原材料から作ることができます。また、重曹は食用としても使われているため、安心して使うことができます。
あなたの頭皮に合わせた分量で作ることができます。

 

※重曹は分量次第では頭皮環境を悪化させるので注意!※

 

重曹は適量であれば頭皮の皮脂や汚れを落とす効果を期待できるので、頭皮の臭いを消すという部分に効果をきたいできますが、重曹の分量次第では頭皮環境が悪化する原因になるので要注意です

 

重曹シャンプーの作り方
  • お湯:1リットル
  • 重曹:10g

 

重曹シャンプーの作り方は、インターネットで紹介されている分量だと大体このくらいが多かったです。
また、重曹は水にはかなり溶けにくいです。そのため、必ずお湯で溶かすように注意してください。

 

重曹の分量は少なすぎると汚れを落とすことができなくなりますし、重曹が多すぎるとアルカリ性の重曹が頭皮に刺激を与えてしまいます
重曹によって頭皮への刺激が強くなると、頭皮環境が逆に悪くなってしまい、皮脂の分泌が過剰になるなどして頭皮の臭いを悪化させてしまうので十分注意してください。

 

次に、アルカリ性の重曹シャンプーを使う場合に、頭皮を弱酸性に戻すためのクエン酸リンスの作り方です。
もはや、頭皮で理科の実験やってる感覚になります。(笑)

 

クエン酸リンスの作り方
  • お湯:1リットル
  • クエン酸:2.5g

 

これもインターネットで調べてみた結果です。

 

重曹シャンプーを手作りしてみた私の感想

 

重曹はアルカリ性なので、必ずクエン酸を使って中和する必要があります。なので、重曹シャンプーとクエン酸リンスをどちらも作る必要があります。

 

あれれ?案外めんどくさい?

 

自然派の人には怒られてしまうかもしれませんが、私は重曹シャンプーとクエン酸リンスを毎日手作りしながら生活をすることって本当にできるのか不安に感じました。重曹を作るのも面倒だし、クエン酸をリンス代わりに使うのも面倒です。

 

というワケで、重曹を使った頭皮の臭い対策は、私にはあまり向かないかもしれないと思いました。
専門知識もありませんし、アルカリ性を中和させるためにクエン酸が必要とかなんか怖いです。

 

重曹のアルカリ性はどの程度で中和させることができるのか?
頭皮の臭いに効果を感じるまでに時間がかかるでしょうから、効果が出なかったらまた自分で配合量を変更しなくてはいけなかったりと案外手間のかかりそうな感じがします。
失敗したらどうすれば良いのかもよくわかりません。
だから重曹を使うのは怖い!というのが正直な感想です。

シャンプーって同じ成分のものを使っても分量を変えると全く別の使用感になってしまったりします。また、同じシャンプーを使っても使用感は人によって違います。その差は配合成分や配合量が問題になります。

 

一般的な分量がインターネットでは簡単に載せてありますが、皮脂が多いから少し多めにの『少し』ってどのくらいだろう?とか、それによって何かトラブルが起きたらどうすれば良いのか見当もつきません

そこに少し怖さを感じています。

 

頭皮の臭いに悩んでいるなら私は重曹ではなく『シャンプーを変えてみる』

 

重曹シャンプーを作ることに恐怖を感じなかったり、むしろシャンプーを使う方が怖いようであれば、重曹シャンプーを試す価値はあると思います。

 

でも、私は頭皮の臭いの改善だけではなく、頭皮環境を改善したいですし、髪の毛のツヤも手に入れたいです。
髪の毛がゴワゴワするのを防いだり、アルカリ性を弱酸性に戻すためにクエン酸を使用しなくてはいけなかったりする重曹シャンプーは私には不向きだと思います。
それに、シャンプーを変えて十分な効果を感じることができています
私が使っているシャンプーはハーブガーデンシャンプーというアミノ酸シャンプーです。
天然由来成分のみで作られていて、頭皮の環境を整えたり、保湿効果や抗酸化作用のある成分が配合されています。

 

>>1年間実際に使って評価した頭皮管理人のハーブガーデンシャンプーの体験レビューを見てみる

 

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング