頭皮管理人です。

ヘアカラーは、髪の毛のダメージだけではなく、頭皮にもダメージを与えてしまう。ヘアカラーは、おしゃれに気を遣うだけでなく、白髪染めのように身だしなみを整えることにも使用されるものです。

ヘアカラーをしているときに痛みを感じたことがある人は非常に多くいます。その痛みは我慢できないほどの痛みを感じたり、痛みを全く感じなかったりと日によっても変化があります。

その原因は、体調が優れないことや頭皮環境が万全でない可能性があります。

ヘアカラーはどんな影響を与えるのか

ヘアカラーが頭皮に影響を与える過程や原因をまずは理解してもらいたいと思います。

カラー剤の種類

ここは、さらっと進めていきたいと思います。予備知識と言いますか、そもそもカラー剤と呼ばれるものの特性を理解してください。

ヘアカラー

一般的なヘアカラーです。カラー剤がキューティクルを開き、内部にあるメラニン色素を分解し、染料を沈着させることによって髪の毛の色を変えている。髪の毛へのダメージもあり、頭皮に付着した場合には、頭皮にもダメージを与えます

ブリーチ

色を抜くようなイメージのカラー剤で、髪の毛を明るい色へ変化させます。キューティクルを開き、内部にあるメラニン色素を分解します。分解の力が非常に強いため、髪の毛へのダメージが非常に大きく、頭皮に付着することで熱を感じたり、場合によっては痛みを感じることもあります。

ヘアマニキュア

カラー剤を内部に浸透させずに、表面に沈着させることによって髪の毛を変えるカラーリング。ヘアカラーよりも髪の毛へのダメージは少ないです。

ヘアカラーが与える影響

頭皮の炎症や、活性酸素を生み出すことにあります。

頭皮の炎症は、カラー剤がアルカリ性のものが多くあり、たんぱく質を変化させてしまうことで炎症が起きます。また、カラー剤が頭皮の毛穴に詰まってしまうことで、炎症することもあります。

活性酸素が増える理由としては、過酸化水素水が2剤に含まれていることで、化学反応を起こすときに活性酸素が発生します。

ヘアカラーが頭皮に痛みを感じさせる原因

ヘアカラーをしているときに染みた経験をしているでしょう。ヘアカラーが頭皮に付着するとアルカリ性のため、頭皮に痛みを感じます。

ヘアカラーが頭皮に与える影響って?頭皮が痛いのはなぜ?_ヘアカラーが痛みを感じさせる要因

頭皮が乾燥してることで、傷ついている

頭皮が乾燥しており、頭皮に細かな傷がついている。細かな傷にカラー剤が染みてしまい痛みにつながっている可能性が高いです。

頭皮の乾燥の一番の要因は、シャンプーの洗浄力が強すぎるということです。洗浄力が強いことで、頭皮から必要な皮脂も奪ってしまうことが要因の一つとなります。

ヘアカラーのカラー剤が頭皮に付着し、頭皮の表面を溶かしている

カラー剤の多くは、アルカリ性であり頭皮表面のたんぱく質を溶かしてしまうことで、頭皮の炎症が引き起こされます。

前日のシャンプーをあまり丁寧に行わないで皮脂を残すように洗うことで頭皮を守る力を上げることで、対処しましょう。

また、美容室では、頭皮に付着させない方法でカラーリングすることもできますので、カラーリングの方法を変えることも良いでしょう。

もともと敏感肌

そもそもが敏感肌の人であれば、刺激に弱いです。アルカリ性のカラー剤が触れると痛みを感じます。

カラーリング前にも後にも使えるアミノ酸シャンプー

頭皮の痛みを和らげるには、頭皮の傷を減らすことが大切です。炎症や、乾燥、爪を立てて洗うことで生まれる傷にも最新の注意を払って、頭皮に傷をつけないようにしましょう。

また、炎症や乾燥は頭皮の臭いにつながります。カラーリングによって炎症してしまった時にも低刺激で洗いあげてくれるアミノ酸シャンプーでアフターケアにも力を入れるようにしましょう。

アミノ酸シャンプーでカラーリング前に頭皮の環境を整えることやカラーリング後の頭皮環境が悪化してしまった時にも使えるシャンプーがアミノ酸シャンプーです。

私が使ってみてよかったアミノ酸シャンプーを用意していますので、参考にしてみてください。

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング