こういう感じの容器すごい好きです。なんかよくわからない文字が羅列している感じ。英字新聞の包装用紙とかも好きな私としてはこのシャンプーを見た時に「え!かわいい!!」って若干テンションが上がりました。

そんなパッケージに騙されずに、しっかりと頭皮の臭いに効果はあるのか?頭皮の環境を改善できるシャンプーなのか?成分や口コミを見ていろいろと判断していきたいと思います。

私がこのシャンプーを成分分析をして思ったのは、「何に効果を与えたいシャンプーなの?」って感じでした。なぜなら、80種類以上の成分が配合されており、保湿効果は高いシャンプーだと思います。結果何を目指しているシャンプーなのかな?って感じています。また、界面活性剤が気になりますね。一昔前のわかりやすい洗浄力の強さではなくて、成分の間に紛れさせている感じがします。

 

公式ホームページで見つけた美容液成分が78%配合!と謳い文句がありました。しかし、その成分の中に水が入っているのを見逃さなかった私。というか78%という時点で気づいた。水が配合されていなければ無理なパーセンテージですからね。

水は多い時には70%くらい配合されている成分です。つまり水が入れば50%は絶対に超えます。美容液にも水は配合されているので、嘘ではありません。しかし、効果があるという感じを出そうとしています。まぁ悪いことじゃないですよね。

この美容業界は見た目が一番大事だし、イメージが一番大事です。パッケージにしても、良さそう!って思ったりするだけで使ってみたりしますよね?そういう業界ですから、パッケージに力を入れるのは大事ですが、頭皮に直に触れる商品であるという認識を持って作ってほしいと思いました。

 

私がシャンプーを買うまでにする調査の順番
  1. 成分を確認する
  2. 口コミを確認する
  3. 総合的に判断して良ければ買う

というのが基本的な流れです。返金保障なんかもついていれば、もっと良いですが今回は市販のシャンプーなので、こんな感じでしょうか。さてそれでは順番に見ていきましょう。

 

成分について

 

アーユルビオ(赤)シャンプーの全成分

水、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、グリセリン、アロエベラ葉エキス、ハス胚芽エキス、アンマロク果実エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキス、ココヤシ果汁、コリアンダー果実油、ハイビスカス花エキス、メリアアザジラクタ葉エキス、ゴマ油、オレンジ油、アーモンド油、ヤシ油、ケラチン(羊毛)、加水分解ケラチン(羊毛)、γ-ドコサラクトン、セレブロシド、水溶性コラーゲン、セラミド2、シルク、ハチミツ、リンゴタンニン、リンゴ種子油、リンゴ果実水、リンゴ果汁、リンゴ果実培養細胞エキス、リンゴ果実エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解ダイズタンパク、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、リシンHCl、グルタミン酸、ロイシン、グリシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、フェニルアラニン、プロリン、チロシン、アルギニン、シスチン、スミノミザクラ果実エキス、イチゴ果実水、ザクロ花エキス、アセロラ果実エキス、コーヒー種子エキス、ユキノシタエキス、ヒメフウロエキス、ダイズステロール、ペンチレングリコール、アラントイン、キサンタンガム、タウリン、PG、レシチン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、安息香酸Na、酢酸トコフェロール、PPG-7、ポリクオタニウム-10、EDTA-2Na、プロパンジオール、クオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、クエン酸、BG、フェノキシエタノール、香料

 

 

頭皮の臭いを改善できる成分がたくさん入っている

本当にたくさん入っていますね。とくに保湿成分が豊富でアミノ酸も豊富に含まれています。アミノ酸シャンプーの定義はフワッとしていますが、界面活性剤はアミノ酸ではないので、アミノ酸シャンプーとイメージするシャンプーではありません。

 

保湿をすると頭皮の臭いの原因となる皮脂の分泌を抑えられます

 

そして、次に殺菌や抗菌する作用のある成分もたくさん含まれているんですが、正直紹介する気になれません。多すぎて・・・さらには矛盾する配合が行われている・・・

 

界面活性剤の洗浄力が強いオレフィン(C14-16)スルホン酸Naはラウレス硫酸Naと似ている

この成分が配合されている部分が少し気になります。コカミドプロピルベタインは、低刺激な洗浄剤で安全性に優れています。ベビーシャンプーにも使われます。また、コカミドDEAについては洗浄力がほとんどありませんが、ラウレス硫酸Naの強い刺激を緩和させてくれる成分です。

一昔前に見られていた「ラウレス硫酸Na」 + 「コカミドDEA」 = 刺激が緩和されます。みたいな感じのシャンプーがありました。しかし、最近は

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」 + 「コカミドDEA」 = 刺激が緩和している感じです。

また、ラウレス硫酸Naを使っていないので印象も良い感じになるでしょうが、ほとんど同じようなシャンプーです。「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」は覚えておいた方が良いシャンプーです。

 

多すぎる成分と刺激の強い成分があり、何に効果があるのかわからない

とにかく多い成分ですが、アルコール性の成分や刺激の強い界面活性剤と刺激の弱い界面活性剤と刺激緩和剤を入れているが、正直どうなのかもうわからないくらい複雑になっており、有効成分が入っているのは事実ですが、有効成分が有効に作用するだけの配合量があるのか?いろいろと疑問が湧いてくるシャンプーです。

実際使っていないので、何とも言えませんが、こういった配合量の多いシャンプーはダイアンに似ています。ダイアンでは、60種類の成分が配合されていてその中でウルシ科のマンゴーエキスが配合されていました。そのせいか、かゆみを感じたりする口コミを多く見つけました。

このように、配合成分が多いとアレルギーに注意するのが大変です。植物エキスは確かに安全で良い成分が使われていると考えられますが、植物アレルギーを持っている人も多いので、アレルギー反応を起こす可能性もあるのを忘れないでください。

 

 

なんだか高評価はステマな臭いがする口コミが多いです

なんとなくなので、特に気にしないでください。ただ、このシャンプーの口コミって似たような口コミが多いなぁ~って思ったので、ついつい・・・

 

髪の毛がゴワゴワだけど香りが好きだという口コミ

 

評価が高かったので1回分のお試しを購入して使用しました。
お試しなので評価は控えようと思ったのですが、1回使っただけであわないな。と思い評価させていただきます。

シャンプー・・・ノンシリコンで洗い上がりぎしぎしです。最近はノンシリコンでも洗い上がりがいいのが多いので久しぶりの不快感でした。

トリートメント・・・つけた瞬間つるんっとしてシャンプーのぎしぎし感はとれました。

ですが、洗い終わってドライヤーしたらゴワゴワばさばさになってしまいました。
後、頭皮がかゆくなりました><
どうやら私には全然あわなかったみたいです。
匂いは良かったのに残念です。

 

※参考元

頭皮がかゆくなる理由を明確にするのはこの口コミだけでは難しいですが、「アレルギー」「オイルを流しきれていない」「刺激の強いアルコール成分」などの理由が考えられると思います。

 

翌日のお昼ごろには頭皮の臭いがしてきた・・・口コミ

 

何がいいのかわからない商品…。

シャンプーの泡立ちは良いけど、すすぐときにきしむ感じがとっても気になる。
トリートメントは何の効果もない。
数分おいてなじませても乾かすと毛先がパサパサ。

シャンプーの翌日お昼頃には頭皮の臭いがしてきます。
シャンプーの香りと混じってもわっと臭う(;つД`)

リピートは絶対にないです。

どのシャンプーにも共通ですが、ほとんどの商品の1dayパックはなぜシャンプーとマスクのセットなんでしょう。
シャンプーとトリートメント(ボトルの)のセットで常用することが多いと思うんですけど。

 

※参考元

これは乾燥だと思います。アルコールの揮発性で乾燥が促進されて、お昼ごろの紫外線の強い時間帯に皮脂を分泌するようになったのかな?と考えられます。

 

特徴的な口コミ

 

可愛いボトルが目を惹いて、気がついたら手にとっていました。笑
香りがすっごいすき、
洗い上がりのさっぱり感もちょうどよくって素敵なシャンプーに出会えたと思いました。
が、しかし、、、
使い続けていたら頭皮湿疹が出来るようになりました。
湿疹が出来たのは初めてだったのでもうビックリ!
なかなか治らなくて困ってます(T-T)

 

※参考元

私と同じだ!と思いましたね。私もこのボトルにひかれて買うか迷いました。買う前に成分を調べるのが癖なので、思いとどまりましたが好感が持てるパッケージですよね。でも、使い続けて頭皮湿疹。これはアレルギーだと思います。植物性エキスが豊富なので、どの成分がアレルギーの原因なのかは不明です。

 

頭皮の臭いを消せる有効成分が含まれているが成分の種類が多すぎて何が有効なのかわからなくなるシャンプー

これだけ多いと成分分析は本当に大変です。いろいろと調べてみましたが、どのくらい配合されているのかわからないので、結果どんな効果があるのかわからないに至ります。使ってみるかしか方法はないんですが、成分を見る限り使ってみたいと思えるシャンプーではありませんでした。

特に界面活性剤が、低刺激の界面活性剤にはほとんど洗浄力がないのと、刺激が強い界面活性剤には刺激を緩和させる成分が配合されているので、結果としてどっちに転ぶのかが成分だけでは判断しにくいですが、そんな不安になるくらいなら使わない方が良いと思うのが私の回答です。

使っていない私が言うのが信じられないようであれば、実際に使ってみたりした方が良いと思います。口コミが良いシャンプーでも頭皮の臭いが改善できなかったり、言われているほどひどいシャンプーだと感じなかったこともありますので、やはり実際に使ってみるのが一番頭皮の改善に向かうと思います。

しかし、一度私が作ったアミノ酸シャンプーのランキングを確認してから判断しても遅くはないでしょう。

 

>>頭皮管理人のアミノ酸シャンプーランキングを見てみる

 

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング