頭皮管理人です。

ドットエヌコンディショナー成分はオーガニック成分を豊富に使っていて、日本で初めてコンディショナーでもエコサートの認定を受けました。でも、実際はどういうコンディショナーなのか?成分をもとにドットエヌコンディショナーの成分解析をしてみましょう

 

ドットエヌ(.N)シャンプー‗手のひら原液コンディショナー

 

今回の成分解析での注目ポイントは、

 

▼ドットエヌコンディショナーの確認ポイント
  • 髪の毛は柔らかくなるのか?
  • 髪の毛を保湿する成分が配合されているのか?
  • 頭皮に刺激のある成分は含まれているのか?

 

コンディショナーなので、できる限り髪の毛についてお話したいと思います。頭皮のことにももちろん触れていきたいと思いますので、よろしくお願いします。ドットエヌコンディショナーには、もしかしたら頭皮に刺激のある成分が含まれているかもしれません。頭皮管理人が実際に調べた解析結果を見てみてください。

 

 

ドットエヌコンディショナーはどんなコンディショナーなのか成分解析してみた

保湿効果も高いし、髪の毛や頭皮を柔らかくする成分が配合されているが、心配な成分もありました

 

ドットエヌコンディショナーの保湿効果の高い成分は?

 

■ドットエヌコンディショナーの保湿成分
アロエベラ液汁、ホホバ種子油、セテアリルアルコール、グリセリン、チャ葉エキス、ヨクイニンエキス、ヤマザクラ花エキス、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、ヒマワリ種子油、トウキンセンカ花エキス、ペンチレングリコール、マカデミア種子油

 

保湿成分のポイントは?
  • アロエベラ液汁は保湿効果もあるが基本的には肌への効果が高い成分
  • セテアリルアルコールは、旧指定成分だが安全性は比較的高い
  • アルガニアスピノサ核油は柔軟効果もある

 

多機能な成分が多く配合されています。抗酸化作用や肌を清潔に保つ抗菌作用も期待できる成分があります。その中でもアロエベラ液汁は良い成分ですが、基本的には消炎効果があり、頭皮につけるタイプで役立ちます。髪の毛が炎症を起こすというのは聞いたことがないので、アロエベラ液汁の保湿効果が髪の毛に良いと思います。

セテアリルアルコールは旧指定成分ですが、安全性は高い成分です。柔軟効果や保護、保湿効果があるので髪の毛を健康に保ってくれるでしょう。

 

ドットエヌコンディショナーの柔軟作用はどうなの?

 

■ドットエヌコンディショナーの柔軟作用のある成分
セテアリルアルコール、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、ヒマワリ種子油、トウキンセンカ花エキス、マカデミア種子油

 

柔軟成分のポイントは?
  • 保湿効果もある成分が多く含まれている
  • 植物油を中心に髪の毛を柔軟にしてくれる
  • トウキンセンカ花エキスにはフラボノイドが豊富に含まれている

 

髪の毛の柔軟作用は保湿も絶対的に必要な部分になります。柔軟な髪の毛はみずみずしい髪の毛でないと成り立ちません。なので、保湿効果が必要ですし、そのうえで柔軟化させる成分が必要となってくるわけです。また、植物油も多く含まれていて低刺激な成分で構成されています。

 

ドットエヌコンディショナーは刺激のある成分はある?

私としては、ジステアロイルエチルジモニウムクロリドが心配な成分です。この成分がどんな成分なのか調べ切れていないんですが、調査してみたところ第4級カチオン界面活性剤である可能性が高いです。もし、第4級カチオン界面活性剤であるなら、頭皮につけると頭皮に刺激を与えてしまう成分の可能性があります。

ただし、コンディショナーを頭皮につけて頭皮マッサージのような記述はないため、通常通りのコンディショナーの使用を想定していて髪の毛にツヤを持たせるために配合したのではないかと考えられます。コンディショナーを頭皮に付けないようにした方が良いと思います。

 

ドットエヌコンディショナーの成分解析をまとめると

 

ドットエヌ(.N)シャンプー‗コンディショナーの成分表

 

保湿効果と柔軟作用がありますが、刺激になる可能性がある成分が配合されているので、頭皮には直接つけないように気を付ける。というのがドットエヌコンディショナーの成分を解析した結果です。

ドットエヌシャンプーの成分解析も行っていますので気になる方は見てみてください。また、ドットエヌシャンプーを実際に使って評価した体験レビューもありますので確認してみてください。

 

>>ドットエヌ公式ホームページへ進む