クリアハーブミストの成分は、妊娠中のママさんにも問題なく使えるのか検証してみましょう

 

クリアハーブミスト_妊娠中

 

妊娠中は、体質や性格すら以前と変わってしまうという方も多いんですよね。

妊娠中のホルモンバランスの変化や、妊娠出産に対する不安から、すぐにイライラしてしまったり、旦那さんにあたってしまったり。

 

そんな時に、お気に入りのアロマの香りで精神的にも落ち着けるのは、とても大事な時間になりますよね。
でも、妊娠中の妊婦さんにとっては、使わない方が良いとされるアロマが意外とたくさんあります。

 

今回は、妊婦さんには向いていないアロマの中に、クリアハーブミストに配合されているローズマリーが含まれていたので、これはもしや?と思い、具体的に調査した調査結果の報告です。

 

妊娠中におすすめのアロマ
控えるべきアロマ

クリアハーブミスト_妊娠中2

 

妊娠中でも、クリアハーブミストのような天然由来成分にこだわったスプレーなら使ってもOKな気がしますが、しっかりチェックしてみると妊娠中には控えた方が良いアロマもあるんです。
まずは、妊娠中のママさんにおすすめのアロマと、控えるべきアロマを分かりやすくまとめてみたいと思います。

妊娠中におすすめのアロマ

妊娠中には様々な事が影響してきます。
ホルモンバランスの変化から、ストレスも感じやすく、吐き気をもよおしたり、身体のむくみが気になったりします。

そんな時に症状別に効果が期待できる作用を持ったアロマをいくつかご紹介しましょう。

妊娠中のストレスを和らげる作用

身体もずっしり重くなる、何かがあったわけでもなくブルーな気持ちになることも。
そんなときにストレスを和らげ、スーッと明るい気持ちにしてくれる香りのアロマからご紹介します。

 

リラックス作用のあるアロマ

コリアンダー
ゼラニウム
ネロリ
プチグレン
フランキンセンス
ベルガモット
マンダリン
リトセア
ローズウッド

 

リフレッシュ作用のあるアロマ

グレープフルーツ
レモン
レモングラス

柑橘系のアロマは通経作用の心配はないです。
また、妊娠中以外にも、育児のストレスを感じたときにもおすすめです。

 

むくみ解消作用

妊娠中はむくみも良くないと言われています。
妊娠中は大きくなったお腹に脚の付け根などが圧迫され、血液やリンパの流れが悪くなり、脚もむくみやすくなります。
アロマには、むくみの解消に効果が期待できるアロマもあります。

 

リンパや静脈の流れを良くする作用のあるアロマ

パチュリ
ジュニパー

 

むくみは何か他の病気が隠れているかもしれないので、お医者さんに確認しておきましょう。

 

吐き気を抑える作用

妊娠初期のつわりや、後期つわりでの吐き気を感じることがあります。
なんと、吐き気を抑えたり、胃腸の働きを良くして消化を促してくれるアロマもあるんです。

 

吐き気を抑える作用

ジンジャー
タラゴン

 

消化促進作用

ジンジャー
セロリ
ペッパー

吐き気を抑え、しかも胃腸の働きを整えてくれるアロマです。

免疫力を上げて風邪予防できる!

妊娠中は、通常の風邪薬などが服用できません。
お医者さんに処方してもらう漢方薬が精いっぱいで、赤ちゃんに影響がないようにしなきゃいけません。
風邪なども引かない方が無難ですので、いつも以上に健康管理がとても大切です。

風邪の予防に良いアロマ

ティートリー
ユーカリラディアタ
ラヴィンツァラ
ローズウッド
ローレル

これらのアロマは、鼻水・鼻づまり・のどの痛みなどに有効と言われています。

ラヴィンツァラやローレルは、免疫力をアップしてくれるので、風邪の予防になるようです。
疲労やストレスでも免疫力が低下しやすいので、風邪の予防に免疫力強化をしておきましょう。

 

妊娠中に控えるべきアロマ

アロマの中には、精神的に落ち着けてくれたり良い影響を与えてくれるものだけではなく、妊娠中の人にとってはあまり良くない作用を持ったアロマもあるようです。
今度は、妊娠中には控えた方がよいと言われるアロマをまとめてみます。

生理不順などを改善する作用

通経作用のあるアロマ

クラリセージ
サイプレス
シナモン・カッシア
ラベンダー
カモマイル・ローマン
ローズ
ローズマリー

「通経作用」といって、生理を促し、生理不順を改善する作用がありますが、子宮の中のものを押し出す作用があります。
トリートメントなどに使うなど、皮膚に直接つけるようなことは避けた方が良いです。

ホルモンバランスを整える作用

妊娠中でなければ、女性ホルモンと似た働きをしてくれることで生理痛や更年期障害による症状の緩和をしてくれる作用がとてもありがたいですよね。
エストロゲン女性ホルモンの働きと似ているアロマもあり、月経正常化の作用も期待できるんですが、妊娠中には控えたい作用です。

エストロゲン様作用のあるアロマ

クラリセージ
フェンネル
アニス
スターアニス
セージ
ニアウリ

エストロゲンとは、排卵を促すための女性ホルモンです。
これらのアロマの影響で、ホルモンバランスが逆に乱れる可能性もあるので、控えた方が良いです。

 

子宮に影響し分娩を促す作用

妊娠中全般、使用を控えて欲しいのが分娩促進作用のあるアロマです。

分娩促進作用・子宮強壮作用のあるアロマ

ジャスミン
クローブ
サイプレス
シナモン(葉)
パルマローザ

匂いを嗅ぐくらいの成分量で分娩が促されることはないと言いますが、念のために妊娠中は控えましょう。

血圧を上昇させてしまう作用

血圧上昇作用のあるアロマ

ペパーミント
アルベンシスミント

ミントの香りは、さわやかですので、吐き気などを抑える作用もありますよね。

血圧に問題がないのであれば、つわりなどで吐き気を抑えるために香りを楽しむのは問題ないと言われています。

 

クリアハーブミストに配合のローズマリーは妊娠中NG?

クリアハーブミスト_妊娠中3

 

頭皮の臭いを消す効果が期待できる頭皮美容液スプレーのクリアハーブミストですが、頭皮の臭い消しに有効なローズマリーの香りは、妊娠中にはNGとされていて控えた方がよいアロマと言われています。

具体的には、なんで控えた方がよいと言われているんでしょうか。
ローズマリーには、通経作用があると言われています。
通経作用とは、生理を促し、生理不順を改善する作用のことです。
少量月経や希発月経にも効果があるアロマだと言われていますね。

香りを嗅いだくらいでは、お腹の赤ちゃんには影響ないみたいですけど、つわりの時期には気分が悪くなることも。

 

普段ならありがたい効果と言えるんですけど、妊娠中、特に妊娠初期の不安定な時期にはちょっと困ったことになってしまう可能性があるので、ローズマリーの通経作用の影響がないようにしたいですね。

 

クリアハーブミストは妊娠中の使用は控えましょう!

クリアハーブミストの成分の危険性という部分では、妊娠中でも問題ない成分配合なんですけど、アロマの効能が逆効果を生む可能性があるという事がわかったので、気を付けてもらって、元気な赤ちゃんを無事に出産してほしいと思います。

ニオイつわりや吐きつわりなどは、どんなニオイでも気分が悪くなってしまう方もいるので、配慮が必要です。

しかもホルモンバランスの変化によって身体の変化がとても大きいので、体臭なども気になってしまうかもしれません。
でも、元気な赤ちゃんを産む準備ですので、ここはしっかり。
色々なアロマがあって、お気に入りの落ち着けるハーブに出会えれば、妊娠中の辛さも少しは軽減できるかもしれませんので、あまり神経質になりすぎずに、色々と試してみるのもいいかもしれませんね。

 

クリアハーブミスト

 

私自身、実際に使ってみて、クリアハーブミストに頭皮の臭いを消す効果があると実感できています
もちろんローズマリーの効果などがあげられます。

妊娠中は我慢して、無事に出産が終わってからクリアハーブミストを使って頭皮の気になる臭いや頭皮環境の改善に役立てるように、今から検討してみるのも賢い選択かもしれませんね。

妊娠中のママさん自身にクリアハーブミストをつけるのは良くありませんけど、実は男性にも効果が期待できるクリアハーブミスト

 

クリアハーブミストのローズマリーは妊娠中はNGですが、実は薄毛に対しての効果も期待できる成分なんです

妊娠中の間は、旦那様に使ってもらって頭皮環境を改善してもらうのも一つの使い方かもしれませんね。

妊娠中のママさんにはクリアハーブミストはNGですが、出産が終わったあとはどうでしょうか。
これもまた、調査してみたいと思います。

 

クリアハーブミストレビューページ移動用

 

実際に購入して評価してみた!
クリアハーブミストの体験レビュー

 

 

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング