頭皮管理人です。

洗わないで寝る頭を洗わないで寝る。新しい美容法として海外で人気らしいですね。もちろん、新しい美容方法を取り入れるのって良いと思います。でも、髪を洗わないで寝た次の日の髪の毛ってどんな風になっているか知っていますか?

自分の頭皮を見ることは難しいし、ましてや皮脂を見ようと思ってみることもなかなかできませんよね?でも、髪の毛を洗わないで寝てしまった経験ってありませんか?私の頭皮を見てみましょう。

髪の毛を1日洗っていない

写真でもわかる通り髪の毛や頭皮がべたべたして、寝起きの気分も良くないですよね。気分だけではなく、頭皮を痛めつけてる可能性もあるので、髪の毛を洗わないリスクを見ていきましょう。

髪の毛を洗わないとどうなる?

頭皮は皮脂で保護膜を作ります。皮脂の本来の役割は、臭くするのではなく頭皮を保護する役割があります。しかし、髪を洗わないと頭皮には皮脂が必要以上にあふれてしまいます。上にあった写真のような頭皮を継続していると、皮脂によって毛穴がふさがり、頭皮の健康を保てなくなります。

それだけではなく、頭皮の臭いにもつながります。髪を洗わないと適度な皮脂を保てずに、必要以上の皮脂を頭皮や髪に付着させたままです。頭皮や髪の臭いを発生させる原因No.1が皮脂です。また、頭皮の健康を保てない原因も皮脂であることが多いです。

髪の毛も皮脂があることで、ホコリが付着しホコリと一緒に雑菌が髪の毛につきます。雑菌の増殖も頭皮や髪の臭いの原因となります。髪を洗わないと、頭皮の臭いだけではなく、頭皮の環境を悪化させる原因にもなりますので、気を付けましょう。

髪を洗わないでいると、毛穴が詰まったりもします。さらに、皮脂は雑菌のエサにもなります。髪を洗わないでいると、常在菌や雑菌の繁殖をするためのエサを与えているのと変わりありません。雑菌が増殖して毛穴が詰まるので困るのは脂漏性皮膚炎頭皮ニキビができるようになってしまうことです。髪を洗わないリスクも考えてみてください。

しかし、頭皮の臭いを改善させよう!頭皮環境を整えよう!と思った人や、とにかくさっぱりさせたいんです。皮脂を根こそぎ落とさないと気が済まない!といった人が陥りやすいのは逆に皮脂の量を増やしてしまう皮脂の異常分泌です。皮脂を落としすぎると、頭皮の乾燥、髪の乾燥を防ぐために皮脂が必要以上に頭皮や髪にある状態を作り出してしまいます。

髪の毛を洗わない日でも湯シャンはしたほうが良いと思う

髪の毛を洗わないのは、狙いをもって洗わない人もいます。それは、皮脂の分泌が人よりも少なかった場合は、それで良いと思います。

しかし、皮脂ばかり気にしていて、一日の汚れを忘れていませんか?私は乾燥肌だし、皮脂の分泌量もそんなに多くないから、今日は髪の毛は洗わないで寝よー。と思ったあなたは一日を振り返ってみてください。

排気ガスの多い場所を歩きませんでしたか?

外に出ませんでしたか?

汗はかきませんでしたか?

なんとなく気になる。と思ったり、思い当たる節があるならやはり、頭皮が汚れている可能性が高いです。せめてお湯で洗う湯シャンをしてみましょう。必要以上の皮脂は取り除きませんし、非常に良いと思います。皮脂を落とさないで寝るよりは良いですが、皮脂をある程度落とせても雑菌の繁殖を防ぐことはできない。というのも覚えておいてほしいです。

一日中家で過ごしていても、頭皮に皮脂は分泌されています。家でじっとしていたから今日は髪を洗わないで良いと思わないでせめて湯シャンだけでも取り組んでみてください。

下の画像は、髪の毛を洗う前と髪の毛を洗った後の画像です。この画像ではシャンプーをしています。髪を洗わないと洗う前の画像よりも多くの皮脂を分泌させます。怖くなりませんか?

毛根付近に皮脂があります。つまりの原因にもなりますし、色も少し濁ったような感じになっています。あまり見ることができない画像だと思います。頭皮を洗うことの大切さがこの画像からも分かってもらえますでしょうか。

念のため、冒頭に出した1日頭皮を洗わないで寝た画像を出しておきます。

髪の毛を1日洗っていない

髪のべたつき、頭皮のぎらつき。この写真を見たときに思ったのはカメラ大丈夫かな?べたつきが移っていないかな?そんなことを心配しました。手で触ったらすぐわかるべたつきです。これが髪を洗わないリスクです。

髪の毛を洗わないで寝たらオヤジ臭くなる?

髪を洗わないで寝る理由に一番多いのは、仕事で疲れて寝落ちしてしまった。遊んでいて、お風呂に入るのが面倒な時間だった。お酒で酔っていたので、髪を洗わなかった。など理由はいろいろです。しかし、どの理由であろうと頭皮の皮脂に待ったはありません。頭皮の健康を保つためにも髪を洗わないで寝るのをできる限り避けるように心がけてください。

また、年代によって頭皮の環境が変わります。30代に入ると頭皮の水分量が減って皮脂の量は変わりません。そのため、頭皮の乾燥による皮脂の異常分泌が起きやすい頭皮環境に変わります

30代の頭皮は20代の頭皮ケアで、違いが出ます。20代のうちに、仕事を理由したり飲み会を理由にして髪の毛を洗わないのは、将来の自分の髪の毛、頭皮に対して大きなダメージを与えてしまう可能性もありますので、十分注意しましょう。

20代も30代も頭皮ケアの大きな違いはありません。保湿効果の高い成分が配合されているシャンプーを使って、頭皮の環境を整えることが一番大切です。20代のうちから水分量の減る30代の準備をすることで30代の頭皮の状況は変わります。30代でも、もちろん水分量をできる限り取り戻すために保湿効果の高い成分が配合されているシャンプーを使うことをおすすめします。

 

保湿力とコスパで選ぶならハーブガーデンシャンプー

頭皮の乾燥や潤いが足りないようであれば、このシャンプーに限ります。ハーブガーデンは、保湿性に優れた成分を多く配合しており、頭皮の乾燥や髪の毛の潤い補給までしてくれます。

頭皮の臭い_ハーブガーデン公式ホームページへ

>>保湿効果に優れたハーブガーデンの公式ホームページを見てみる

ハーブガーデンはコンディショナーにもこだわっており、非常に使い勝手の良いコンディショナーです。むしろシャンプーよりもこっちメインで買ってもよいかもしれません。

4つの使いまわしができることが大きなポイントで、「通常のコンディショナー」「お風呂でのヘッドマッサージクリーム」「洗い流さないトリートメント」「外出用のヘアクリーム」として使うことができます。

アイキャッチ_HerbGarden(ハーブガーデン)

>>1個で4つの役割を果たすことのできるハーブガーデンの体験レビューを見てみる

洗い流さないトリートメントとして使えるのは経済的ですし、お風呂でのヘッドマッサージクリームとして使えるのは、びっくりしました。

ふつうコンディショナーって頭皮につけちゃいけないんじゃないの?ってところにです。私が学生のころから言われている当たり前のことで、シャンプーの成分を知らなった私ですら知っていた事実をなくしてしまいました。

 

殺菌力と育毛剤も併用しているならマイナチュレ

マイナチュレシャンプーは、非常に殺菌力の強いシャンプーです。殺菌に効く成分が豊富に含まれているだけではなく、頭皮のダメージ補修や血行促進などの育毛効果が期待できる成分が豊富に含まれています。

>>育毛剤の会社が開発したシャンプーであるマイナチュレの公式ホームページを見てみる

じつは、マイナチュレシャンプーの会社は、育毛剤を販売している会社です。なので、その育毛剤との相性の良いシャンプーを自分たちで作ってしまうのが一番簡単だということで作ったのが、マイナチュレシャンプーです。

アミノ酸シャンプーは脂性の人にはあまりおすすめできないものが多いんですが、このマイナチュレは、殺菌力も高いため、脂性の方でも使えるシャンプーです。

アイキャッチ_MY NTURE(マイナチュレ)

>>殺菌力が高く、オイリー肌でも使えるマイナチュレシャンプーの体験レビューを見てみる

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング