頭皮管理人です。

フケやかゆみに悩んでいるなら、あなたはシャンプーを見直してみるべきかもしれません。あなたは、毎日シャンプーしますか?たいていの人はハイと答えるでしょう。頭皮トラブルで悩んでいるのであれば、髪の毛を1日2回洗っているかもしれませんね。3日くらいは洗いません。なんて人はなかなかいないと思いますが、もし3日置きに髪の毛を洗うのであれば、1日1回シャンプーをするようにしてくださいで済みます。

フケやかゆみの原因は頭皮トラブルにあり!頭皮の環境を整えよう

しかし、あなたは頭皮のフケやかゆみで悩んでいて、頭皮の健康を保つことに興味があります。むしろそういう人だとして、話を進めていきます。もし違う場合は、このページを読んでも意味がないと思います。頭皮環境を整えるためにはシャンプーを変えるのが一番です。

フケやかゆみに悩んでいるのであれば、ほかにもやらなくてはいけないことがあります。シャンプーは絶対にしてもらいたいことですが、ほかにも注意しなくてはいけない点などもありますので、一緒に確認してみましょう。

 

頭皮がかゆい原因

頭皮がかゆいのは、頭皮が傷つき炎症が起きていたり、頭皮が乾燥していたりとたくさんの理由があります。たいていの場合は、乾燥が原因です。多くの方は、頭皮の皮脂を奪い過ぎていることが多いです。

頭皮の乾燥を防ぐことで、頭皮トラブルを防ぐことができます。また、フケが出ていて頭皮にかゆみを感じていれば、頭皮の臭いにつながっている可能性も高いです。

頭皮が炎症、乾燥、脂っぽいなど健康的な状態とは違い、どこかトラブルを抱えているため、フケやかゆみが起きています。頭皮環境を整えるとフケやかゆみを抑えることができます。

頭皮全体のことを考えよう

あなたは、どの原因にあてはまりますか?頭皮の炎症?頭皮の乾燥?頭皮が脂っぽくなってる?症状に応じて改善をしてみましょう。頭皮の状況を把握し、自分はどうして頭皮の環境が整っていないのかを知ることで頭皮を健康にすることができます。

頭皮の炎症

頭皮が炎症しているのは、頭皮を傷つけていると考えてください。傷とは直接的な傷だけではありません。シャンプー中やふとかゆみを感じた時に爪を立てて頭皮を傷つけるだけではなく、雑菌や常在菌の繁殖をさせている場合も含まれます

雑菌や常在菌がエサとなる皮脂を食べて繁殖していくと、刺激物を産生します。産生された刺激物で頭皮が常に刺激にさらされていると、頭皮が弱り傷となります。雑菌や常在菌を抑えることでも、頭皮の傷を減らすことができるのを覚えておいてください。

チクチクしたり、かゆみを感じたりします。肌のターンオーバーも正常に行われていないので、フケが発生することもあります。

頭皮の乾燥

頭皮の乾燥は大半の頭皮トラブルに共通しています。女性ホルモンの影響で皮脂の分泌は少なくなります。その結果、頭皮に皮脂が少なくなってしまうことはよくあります。皮脂は、適正な量であれば、保湿することができるのに加え、外部からの刺激を軽減させてくれます。紫外線などがいい例で、乾燥した頭皮で外出すると、皮脂が必要以上に分泌されます。

皮脂の異常分泌は、頭皮を守るために体がバリアを作り出しています。

頭皮の乾燥の原因で一番多いのは、シャンプーです。シャンプーの洗浄力が強すぎると皮脂を必要以上に洗い流してしまいます。必要以上に皮脂を洗い流すと頭皮トラブルの原因となります。頭皮を健康に保ち、フケやかゆみを発生させないように注意しましょう。

頭皮の乾燥でも、炎症と同じようにチクチクしたり、かゆみを感じます。様々な頭皮トラブルを生み出しますので、フケの原因ともなりやすいです。

頭皮が脂っぽくなっている

頭皮が脂っぽくなっている原因を探るのはなかなか大変です。もともと脂っぽいのか?それとも、先ほどの原因である乾燥による皮脂の異常分泌が原因なの?脂性?乾性?大きな違いですが、どちらも皮脂が多く分泌されているので、区別がしにくいです。

乾燥が原因だと思えば上記にあるように、シャンプーを改善してみましょう。保湿成分が多く、低刺激のシャンプーを使うと頭皮の乾燥は和らぎます。ここでは、脂性の人の話にします。

脂性の人は、殺菌力の強いシャンプーを使って雑菌や常在菌の繁殖を抑えることが大事です。しかし、乾性でなら保湿成分の多いシャンプーやコンディショナーを使うことから始めましょう。

フケやかゆみの原因は頭皮トラブル

フケやかゆみの原因は、頭皮の炎症や頭皮の乾燥や頭皮が脂っぽくなっているのどれが一番自分の原因かと考えてみましょう。頭皮トラブルは、不潔だからとか清潔にしているとかはあまり関係ありません。自分の頭皮に合ったものを使っているのか?原因がわかっているのか?が重要です。

各々の原因と向き合って予防に努めてみてください。シャンプーを変えることが一番簡単なことですし、シャンプーを選ぶ基準を決めるにも自分の頭皮の状況をよく理解する必要があります

脂性であれば、殺菌力の強いシャンプーを使ってください。しかし、殺菌力が強くても刺激は弱いシャンプーを使いましょう。乾性であれば、保湿成分が豊富に含まれているシャンプーを使ってください。この時も脂性と同様に刺激は弱いシャンプーを使ってください。

 

保湿力とコスパで選ぶならハーブガーデンシャンプー

頭皮の乾燥や潤いが足りないようであれば、このシャンプーに限ります。ハーブガーデンは、保湿性に優れた成分を多く配合しており、頭皮の乾燥や髪の毛の潤い補給までしてくれます。

頭皮の臭い_ハーブガーデン公式ホームページへ

>>保湿効果に優れたハーブガーデンの公式ホームページを見てみる

ハーブガーデンはコンディショナーにもこだわっており、非常に使い勝手の良いコンディショナーです。むしろシャンプーよりもこっちメインで買ってもよいかもしれません。

4つの使いまわしができることが大きなポイントで、「通常のコンディショナー」「お風呂でのヘッドマッサージクリーム」「洗い流さないトリートメント」「外出用のヘアクリーム」として使うことができます。

アイキャッチ_HerbGarden(ハーブガーデン)

>>1個で4つの役割を果たすことのできるハーブガーデンの体験レビューを見てみる

洗い流さないトリートメントとして使えるのは経済的ですし、お風呂でのヘッドマッサージクリームとして使えるのは、びっくりしました。

ふつうコンディショナーって頭皮につけちゃいけないんじゃないの?ってところにです。私が学生のころから言われている当たり前のことで、シャンプーの成分を知らなった私ですら知っていた事実をなくしてしまいました。

 

殺菌力と育毛剤も併用しているならマイナチュレ

マイナチュレシャンプーは、非常に殺菌力の強いシャンプーです。殺菌に効く成分が豊富に含まれているだけではなく、頭皮のダメージ補修や血行促進などの育毛効果が期待できる成分が豊富に含まれています。

>>育毛剤の会社が開発したシャンプーであるマイナチュレの公式ホームページを見てみる

じつは、マイナチュレシャンプーの会社は、育毛剤を販売している会社です。なので、その育毛剤との相性の良いシャンプーを自分たちで作ってしまうのが一番簡単だということで作ったのが、マイナチュレシャンプーです。

アミノ酸シャンプーは脂性の人にはあまりおすすめできないものが多いんですが、このマイナチュレは、殺菌力も高いため、脂性の方でも使えるシャンプーです。

アイキャッチ_MY NTURE(マイナチュレ)

>>殺菌力が高く、オイリー肌でも使えるマイナチュレシャンプーの体験レビューを見てみる

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング