頭皮管理人です。

もしも頭皮に疣(イボ)ができてしまったら・・・

疣(イボ)は外部からの刺激で悪化してしまうので、できるだけ刺激を少なくする方法を試してみましょう!

実は、疣(イボ)にも種類があり、頭皮にできやすい疣(イボ)で気にしなくていいものや、頭皮にはできづらいですが放置するのは危険な疣(イボ)などがあります。

頭皮の疣(イボ)

頭皮の疣(イボ)の種類と原因

2種類の疣(イボ)を紹介したいと思います。

一方はあまり気にしなくても良いもので一方は皮膚科での受診をおすすめする疣(イボ)です。

頭皮の疣(イボ)の種類と原因①老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

老人性とついているだけあって、年配の人に多く見られる疣(イボ)で、紫外線が原因です。

紫外線を受けやすい頭皮や顔、手などにできやすいイボです。

最初は、シミ程度ですが徐々に疣(イボ)になっていきます。

紫外線対策が大切!

紫外線を受けた後のアフターケアもとても大切です。

頭皮の疣(イボ)の種類と原因②尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

頭皮にはあまりできません。しかし、できないわけでもありません。また、尋常性疣贅は皮膚科の受診をおすすめする症状でもあります。

原因としては、傷からウィルスの侵入により疣(イボ)となります。
ウィルスのため、疣(イボ)を傷つけてウィルスが頭皮にウィルスが漏れてしまい傷を見つけてその傷口に感染しても疣(イボ)になります

広がるタイプの疣(イボ)であるため、注意が必要です。

頭皮の乾燥を防ぎ免疫力を低下させないのが一番良い予防方法!

保湿をして、乾燥を避けるようにしましょう。

頭皮を傷つける、刺激を与えることでも、頭皮の免疫力が下がります。頭皮の環境が悪くなってきたら十分に注意して下さい。

疣(イボ)の改善方法は病院しかない?予防に力を入れましょう

残念ながら、疣(イボ)を改善する方法はさまざまありますが、疣(イボ)を自分で改善する方法はありません

病院でとってもらう必要があります。尋常性疣贅は傷つけてしまえばさらに広がります。

2種類の疣(イボ)はどちらも刺激が原因となっています。

老人性は紫外線。
尋常性は傷。
どちらも頭皮への刺激ということになります。

刺激を最小限に抑えることが大切です。

紫外線のアフターケアや乾燥を防ぐのに良いとされているのはアミノ酸シャンプーです。

予防しかできないのであれば、予防をしっかりと行いましょう。アミノ酸シャンプーは優れたシャンプーですので、頭皮トラブル全般に効果があると言えます。

低刺激で保湿力のあるシャンプーが疣(イボ)には良いです。

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング