頭皮管理人です。

頭皮かさぶた治らない原因はいろいろとあります。ずっと治らない頭皮のかさぶたが不思議に感じるでしょう。もしかしたら、生活の一部が原因となっている可能性もあります。頭皮の環境を悪化させている要因を探してみましょう。

かさぶたは皮膚が傷ついたためできます。新しい皮膚が傷口をふさぐまでの間かさぶたは簡易的な肌の役割をしています。頭皮にかさぶたがあるということは、頭皮が傷ついたということです。頭皮への刺激が原因での炎症やひっかき傷、乾燥などが原因であることが多いです。

上記の写真で言うと炎症で、まだ炎症の方が強くジュクジュクしている状況です。残念ながら頭皮管理人は、頭皮のことに集中して取り組んでも、炎症やひっかき傷などのトラブルがたびたび起こるほど敏感な肌質をしています。(そそっかしいのが一番の原因だと思いますが・・・)

頭皮のかさぶたが治らない理由

それでは、上記で挙げた頭皮のかさぶたが治らない要因を探ってみましょう。あなたの生活が複数のかさぶたを生み出している可能性があります。普段の生活を振り返りながら読んでみて下さい。

かさぶたが治らない大きな要因としては、

・頭皮を傷つけている

・頭皮を乾燥させている

・マラセチア菌の繁殖をさせている

の3点です。この3点を促進する要因を5つのポイントでまとめました。

かさぶたが治らない原因①頭皮を傷つけている

頭皮のかさぶたが治らない原因では、一番多く、一番直接的です。

・髪の毛の洗い方が悪い

・爪が長い、爪で頭皮を扱う

・紫外線を長時間浴びている

頭皮を傷つける可能性がある3点です。髪の毛を洗うときには指の腹で洗う用意して、爪を使わないようにしてください。また、頭皮管理人もよくやってしまうんですが、かゆみを感じた時にパッと手が動いて爪でかいてしまう。これは避けた方が良いです。

紫外線も頭皮を傷つける原因となります。頭皮を傷つけることで頭皮環境を悪くします。紫外線を長時間浴びた日は、頭皮マッサージで保湿をするなどのアフターケアをしっかりと行いましょう。かさぶたが治らないのは、頭皮に絶えず傷ができている可能性があります。

かさぶたが治らない原因②頭皮を乾燥させている

頭皮は乾燥していると頭皮の免疫力が弱くなります。また、皮脂は紫外線などの外部からの刺激から保護する保護膜としての役割もあります。そのため、乾燥していると紫外線のダメージを受けやすくなります。そのため、免疫力の弱った頭皮が傷つけられたり、炎症が起きたりして、かさぶたが治らないのかもしれません。

体は、保護膜がないと不安になるため皮脂の分泌を急ぎます。皮脂の分泌を急いでいるときは、必要以上に皮脂を分泌するように指示を出しているので、皮脂の異常分泌が起きます。皮脂の異常分泌によって皮脂が豊富にあると、マラセチア菌という真菌(カビ菌)のエサが増えます。皮脂をエサにマラセチア菌が繁殖したマラセチア菌が生成する物質に頭皮にとって刺激となる生成物があります。頭皮の炎症になったり、マラセチア菌が原因の頭皮ニキビができます。

乾燥によって必要以上に分泌された皮脂は頭皮環境を悪くします。そのため、頭皮トラブルにつながりやすいです。頭皮を健康に保つには、頭皮が乾燥しているのかを確認するのが一番良いでしょう。

かさぶたが治らない原因③マラセチア菌が大量に繁殖している

マラセチア菌が繁殖する原因はたくさんありますが、一番の要因は皮脂の分泌が多くなっていることにあります。皮脂が多く分泌されている頭皮ではマラセチア菌のエサが大量にある環境になっています。

マラセチア菌の量が通常であれば悪さはしませんが、大量になるとマラセチア菌の死がいやフンによって頭皮環境が悪化したり、マラセチア菌の生成物は刺激性があるので、炎症が起きたりもします。そのため、かさぶたが治らない。どころではなく、かさぶたが増えてしまうかもしれません。

マラセチア菌が原因で頭皮のかさぶたが治らないのは皮膚炎になっている可能性もあるため、早期に対策が必要です。脂漏性皮膚炎という皮膚炎になっているかもしれません。脂漏性湿疹とも言われています。

脂漏性皮膚炎になってしまっているなら、もう個人では治らないです。皮膚科に相談して、薬を処方してもらってください。

>>かさぶたが治らないのは、脂漏性皮膚炎のせい?脂漏性皮膚炎の予防方法!

頭皮のかさぶたを無くすために

頭皮のかさぶたが治らないのは、頭皮への刺激が絶えずあるということを理解してください。頭皮のかさぶたの原因を改善させるシャンプーを選ぶのが一番良いと私は感じています。

乾燥とマラセチア菌の大量繁殖は、気づくことが難しいです。特に注意してほしいのはマラセチア菌です。マラセチア菌は、脂漏性皮膚炎につながるすぐに改善が必要なことです。

マラセチア菌が繁殖した場合、通常のシャンプーでは対応できません真菌(カビ菌)を殺菌できるシャンプーに切り替えるか、殺菌力の強いシャンプーに切り替える必要があります。マラセチア菌は、予防することはできますが改善することはできません。そのため、予備軍や一度経験がある場合は、シャンプーを殺菌力の優れたシャンプーに切り替えてみましょう。

下記のリンクでは、低刺激のアミノ酸シャンプーでありながら殺菌効果に優れた成分が豊富に配合されているマイナチュレシャンプー真菌への優れた殺菌力のコラージュフルフルネクストのシャンプーについて書いています。

>>低刺激のマイナチュレシャンプー?真菌への優れた殺菌力のコラージュフルフルネクスト?あなたにはどっちが良い?

乾燥を抑えるなら、保湿成分が豊富であるシャンプーを選んだ方が良いです。乾燥の原因の多くはシャンプーです。私も市販のシャンプーをずっと使っていました。香りの良いシャンプーであれば何でも良いと思っていました。

しかし、haru(ハル)黒髪スカルプ・プロやハーブガーデンシャンプーを使ってみた方が改善が早いですし、コスパが良いです。いろいろと試したりヘッドスパに行くなどももちろん良いです。定期的に行けるのであればぜひそうしてください。

でも、そんな高額なことにお金を使う前に、毎日使うものだからこそこだわってほしいのはシャンプーです。シャンプーは、頭皮の生命線といってもおかしくありません。頭皮の調子を一番良くし、一番調子を狂わせます。あなたの肌質は乾燥肌?それなら間違いなく保湿効果の高いシャンプーを使うべきです。

保湿効果の高いシャンプーならハーブガーデンが良いでしょう。私と同じようにharu(ハル)黒髪スカルプ・プロから使ってみても良いと思います。しかし、私はharu(ハル)黒髪スカルプ・プロを使った後にハーブガーデンを使って感動しました。どちらも良いシャンプーです。しかし、コンディショナーの違いがハーブガーデンを選んだ理由です。

乾燥しているときに頭皮マッサージをしたいなと思ったら、コンディショナーを頭皮マッサージのクリームとして使用できます。今日は紫外線が強いし、髪の毛も調子悪いから洗い流さないトリートメントをしようと思ったらハーブガーデンのコンディショナーを使えば良いんです。

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング