頭皮管理人です。

頭皮ケア逆効果のケアがあります。この記事を読んだら覚えておいてほしいこと。

それは、頭皮を洗いすぎるということです。頭皮が汚れてしまったと感じているときに一番しやすいのは、2回髪の毛を洗うことや、シャンプーを多めにつける。また、髪の毛を洗う時間を延ばすなど思いつきやすいでしょう。

しかし、それは逆効果につながります。

%e9%a0%ad%e7%9a%ae%e3%81%ab%e9%80%86%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%ae%e3%82%b1%e3%82%a2%e3%81%8c%e3%81%82%e3%81%a3%e3%81%9f%ef%bc%9f%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%84%e3%81%8c%e3%81%a1

頭皮が汚いと感じたら、念入りにするのはシャンプーではない

シャンプーを付けて洗うと、皮脂をとりすぎてしまいます。頭皮の健康を考えるのであれば、ある程度の皮脂は必要です。

しかし、お風呂に入らなかった次の日や、汗を大量に書いてしまったときには、シャンプーを念入りに行ってしまいます。

それは必要な皮脂を落とす可能性もあり、避けた方が良いでしょう。

もし、あなたの頭皮が汚れていると感じたら、予洗いを重点的に行い、皮脂を落としてください。

いつもの予洗いでは落ち切らない汚れや皮脂を少し長めにすることで、汚れや皮脂を落とします。

シャンプーでは洗浄力が強すぎる?

シャンプーで皮脂を落とすのは非常に簡単です。2回シャンプーをすれば、2回目のシャンプーのときに泡立ちが良くなり、シャンプーをした実感を得ることができるでしょう。

それは皮脂が多くあったため泡立ちに影響が出ています。シャンプーを2回した場合皮脂は完全に落としきってしまうかもしくはいつも以上に落ちてしまい、乾燥を招きます。

シャンプーの洗浄力をいくら適度にしたからと言って、念入りに洗いすぎるのは逆効果と言えるでしょう。

髪の毛の正しい洗い方の手順に沿ってください

髪の毛の正しい洗い方も記載していますので参考にしてみてください。

皮脂を落としすぎて、乾燥を招いてしまう前に、予洗いを重点的に行って、皮脂をシャンプー前にできるだけ落とすようにすると、2回シャンプーをしたいと思うことも少なくなるでしょう。

頭皮を清潔にしようとしていることが、逆効果となり、乾燥を招き頭皮の臭いの原因を作ることをしないようにしましょう。

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング