頭皮管理人です。

フケには2種類あり、脂性フケと乾性フケがありますが、今回は乾性フケのお話です。乾性フケは、あなたが想像しているフケです。白い粉のような角質層が剥がれ落ち、肩にも落ちてくるフケです。スーツや黒い系の服装だと目立ちやすくかしこまった席では特に気になるところです。

このフケの主な原因は乾燥で、そのため乾性フケと呼ばれています。乾性フケは非常に細かく不潔にみられることが多くあります。ぱさぱさと髪の毛を触るたびに白い粉状のフケが飛び散るため、目に見えて不快です。

そして、一つ知っておいてほしいこともあります。フケは常にみんな出ています。肌の角質がはがれていくものです。乾燥することで異常が起きて大きくなったり量が多くなったりしているだけです。

乾性フケになってしまう主な原因

乾性のフケの主な特徴としては、乾いているため白い粉状で、乾いているのが特徴です。そのため、肩に積もったりするのが、乾性の特徴といえます。

頭皮環境が乾燥すると、乾性フケになるので、頭皮環境を健康に保つことが乾性フケを止める方法になります。では、なぜ頭皮は乾燥してしまうのでしょうか。

フケは本来目には見えないほどの大きさ

乾性のフケは乾燥が原因乾性のフケの特徴としては、乾いているため白い粉状で、肩に積もる。 ターンオーバー機能が低下しているため、頭皮環境を健康に保つことで乾性フケを改善する!

健康な頭皮は、一定の期間で新陳代謝が行われ、表皮細胞が入れ替わります。よく聞く言葉ではターンオーバーと言います。本来であれば、古くなった細胞は垢などで自然に少しずつ剥がれ落ちます。

しかし、ターンオーバーがうまくいかないと、表皮細胞は塊のまま剥がれ落ちてしまう。この古い細胞は形も大きく量も大きく量も多いため、当然目立つようになります。これが多くの人が悩まされているフケの正体です。

洗浄力の強すぎるシャンプーを使用したり爪を立てて頭皮を洗ってしまうことで、角質層のバリア機能が低下したり、皮脂が必要以上に取り除かれてしまうことでターンオーバーの機能が低下してしまっています。

フケの改善方法は髪の毛の洗い方とシャンプー選び

頭皮を傷つけてしまうような洗い方をしていると、傷口から乾燥が進行してしまいます。頭皮で雑菌が繁殖していたりした場合は、傷口から菌も入る可能性があります。髪の毛の洗い方についは慎重に行うべきです。

次に、シャンプー選びですが、皮脂を取り除きすぎてしまうと乾燥の原因にもなります。石油系の界面活性剤を使用しているシャンプーを使うことで、皮脂を必要以上に取り除いてしまう可能性があります。

頭皮の乾燥が悪化していくと皮脂の異常分泌が行われ始めます。皮脂の異常分泌が行われることで、さらなる頭皮環境の悪化へつながります。

皮脂をエサにすることで雑菌の増殖につながったり、雑菌の増殖によるフンや生成物で頭皮環境はどんどん悪化してしまいます。

そして、皮脂が多く分泌されるということは、皮脂の酸化を招きやすい状況となります。皮脂の酸化は、臭いの原因となります。頭皮環境を整えるということは、頭皮の臭いを改善するうえでとても大切です。

乾性フケに気が付いたのであれば、改善のためにも洗い方に注意し、頭皮の乾燥を防いでくれる低刺激のシャンプーを使ってみましょう。