頭皮管理人です。

髪の毛の髪質の硬いとセットしづらかったり、女の子っぽい柔らかな印象を与えづらくなります。実際硬い髪の毛を持っている私も同じようにセットをしても調子が悪いとコントロールが利かなくなり悲しいスタイリングになってしまう日もあります。

髪の毛の髪質が硬い

実際スタイリングをする時には非常に厄介な硬い髪の毛はどのように直せばよいのか?

まずは髪の毛が硬い原因

髪の毛のキューティクル。髪の毛は3層構造になっており、髪の毛の硬さを決めるのはキューティクルとコルテックスと言われる層です。

キューティクルは髪の毛の防御壁みたいな役割を果たしており、硬いたんぱく質でできています。したがって、健康的なキューティクルを持っている人は硬めのキューティクルで形成されています。キューティクルが何層にもなっている人も多いです。これについては、外部からの刺激が少なくなりますし、内部の水分を保持することができます。

またコルテックスも同じように健康的であれば硬くなります。コルテックスは髪の毛の中で一番大きな層です。コルテックスの主成分であるたんぱく質と脂質、水分、メラニン色素でできています。コルテックスの量が髪の毛の太さを決めています。さらにコルテックスに含まれている脂質や水分が髪の毛の硬さを決めいます。メラニン色素は髪の毛の色です。

つまり、髪の毛の中に水分をしっかりと入れてあげることでもともと硬い髪質であっても柔らかくすることができます。髪の毛のキューティクルを柔らかくすることは難しいですがコルテックスに脂質や水分を増やしてあげることで髪の毛の硬さを緩和しましょう。

狙いは、コルテックスに水分量と脂質量を配合させて、

一つ覚えておいて、髪の毛が硬いのは悪いことではない

髪の毛が硬いのはキューティクルがしっかりとしている。コルテックスがしっかりとしている。栄養が行き届き、髪の毛の成長に必要な成分が整えられている。そういった人でも髪の毛の硬さに悩むことがあります。

だから、髪の毛が硬いから私の髪の毛は悪い髪の毛なんて思わないでください。セットしづらいのは事実ですが・・・

さて、ここで問題があります。髪の毛の中が乾燥している。コルテックスの水分量と脂質量が足りていない。そういった人も髪の毛が硬くなります

見分け方が難しいですが、くせ毛やパサパサ感があれば乾燥を改善することであなたの髪の毛は柔らかくなると考えて良いでしょう。また、髪の毛が硬いのであれば髪の毛に柔軟作用を持たせることができる成分が含まれているシャンプーを使うことで髪の毛を柔らかくすることもできます。

乾燥を防ぐための保湿ができて、髪の毛を柔軟にする方法があれば良いなぁ~と探していると見つけてしまいました。灯台下暗し。私の使っているさくらの森ハーブガーデンシャンプーには、乾燥を防ぐ保湿成分が豊富で、髪の毛を柔軟にする作用が豊富に含まれているシャンプーでした。

>>さくらの森ハーブガーデンシャンプーは髪の毛を柔らかくする成分が配合されていた?

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング