頭皮の臭いを改善するためには、正しい髪の毛洗い方が重要です。

 

しかし、正しい髪の毛の洗い方を知らない人が思ったよりも。。。

 

髪の毛の洗い方であなたの頭皮のバランスが決まります。刺激の強いシャンプーを使っていると、頭皮トラブルになります。

そのため、どれだけ良いシャンプーに変えても髪の毛の洗い方が間違っていれば、宝の持ち腐れになります。

私のように、頭皮トラブルの中でも「頭皮の臭いが気になる」という人は、特に勘違いしやすいところですが、「私の頭皮は不潔だ。髪の毛の洗い方が良くないから頭皮に皮脂や汚れが残っている。だから、もっとしっかりと洗わないと」となり、1回のお風呂で2回洗ってみたりします。

(頭皮管理人の最初の頭皮トラブル予防は、髪の毛を2回洗うでした。)

 

でも、1度振り返ってみて下さい。

あなたは、頭皮の洗い方や髪の毛の洗い方を頭皮や髪の毛に優しい洗い方を選ぶほど知っていますか?どういう点を気を付けて洗えば良いか。

むしろ、ほとんどの方が物心がついたときには髪の毛の洗い方をマスターして、それから振り返ったことなんてないって人が多いと思います。

小さいころの洗い方が癖になって、頭皮トラブルを招く髪の毛の洗い方を続けているのかもしれません。髪の毛の洗い方の注意点をこれから一緒に確認してみましょう。

 

 

美容師に教わる髪の毛の正しい洗い方ポイント

 

 

私は、頭皮環境が悪くなり、頭皮トラブルを抱えてからインターネットを使って自分でいろいろと髪の毛や頭皮について調べてみました。

 

そしてさらに、髪の毛の取り扱いのプロである美容師さんにもいろいろと聞いてみて、4つのポイントにまとめてみました。

 

髪の毛の正しい洗い方ができるようになる4つのポイントを押さえて、頭皮トラブルを改善、予防できるようにしてみましょう。

 

髪の毛の正しい洗い方をマスターすれば、それだけでも頭皮トラブルを減らせるかもしれません。

 

頭皮の臭いの改善は             髪の毛の洗い方から大切な4つの工程 ①予洗い ②手のひらで泡立てる ③指の腹で洗うように心がける ④すすぎは洗う時と同じ時間すすぐ

 

 

髪の毛の正しい洗い方①予洗いはしっかり!

 

 

実は予洗いだけで、汚れの7~8割が落とせるんです

 

予洗いが不足すると、頭皮に皮脂が多く残る原因にもつながりますし、シャンプーの泡立ちも悪くなります

 

予洗い前のブラッシング

 

女性で髪の長い方は軽く毛先をブラッシングしましょう。もしくはクシを使って毛先からコーミング(梳かす事)しましょう。

このコーミングは、髪の毛にお湯で濡らすときの髪の毛同士の摩擦を軽減してくれます。

 

髪の毛同士の摩擦によって髪の毛のキューティクルを痛める原因になるんです。

 

予洗いは8割の汚れを落とす

 

ブラッシング(コーミング)をしっかり行っていれば、予洗いだけで1~2分程度の時間で髪の毛の汚れの7~8割は落とすことができます

髪の毛の間に手を入れるイメージでパシャパシャと音がなるような感じで予洗いをしてください。

 

 

ポイント

髪の毛ではなく頭皮を洗うイメージで!

髪の毛よりも頭皮の方が汚れや皮脂が溜まりやすいので、頭皮を洗うことがとても大事です。

 

 

髪の毛の正しい洗い方②シャンプーは泡が大事

 

美容師が洗うとなぜかすごく泡立ってるけど、家でやるとそこまで泡立たないなぁ、って気になったことありませんか?

 

美容師さんが言うには、【シャンプーの泡立つ条件】があるそうです。

 

・水

・シャンプー剤

・空気

 

これら3つのバランスが大事だそうで、泡立ちが悪いのは3つの条件のうちのどれかが足りないか、多すぎるからなんです。

 

手のひらで泡立てる

 

シャンプー剤を手のひらにとってそのまま髪の毛で泡立てるようにすることは絶対にやってはいけないです。

 

実際に美容師さんに泡立て方を見せてもらいましたが、石けんで自分の手を洗うときくらい泡立ててました。

本当に手のひらを洗うイメージで泡立てます。

 

シャンプーは頭皮を洗うというイメージよりも髪の毛を洗うイメージの方が強いため、シャンプーを手のひらで泡立てない洗い方をする人を頻繁に見ます。

想像してみてください。あなたは洗顔料を泡立てずに顔につけますか?

 

 

ポイント

手のひらでしっかりと泡立てておきましょう!

原液を直接頭皮につけてから泡立てるよりも泡立っててからの方が刺激が少ないので、頭皮の刺激を最低限にするために、こういった一工夫で改善されます。

 

 

泡で頭皮を洗う

 

洗顔をするとき、泡で洗うと言われていますよね。

 

それと同じで、シャンプーも泡で洗うことが大事なんだそうです。

しっかり泡立てたシャンプー剤を頭皮につけて洗い始めましょう。

 

 

ポイント

髪の毛につけるのではありませんよ!

汚れは髪の毛よりも頭皮に溜まっています。だからシャンプーは髪の毛よりも頭皮を洗うものなんです。

 

 

髪の毛の正しい洗い方③指の腹で洗うように心がける

 

 

指の腹で優しくマッサージ

 

しっかり泡立てた泡をつかって、優しく頭皮を揉み動かしてマッサージするように洗いましょう。

 

頭皮は意外と刺激に弱いので、指の腹で洗うことで、頭皮への刺激を最低限に抑えることができます。最低限にするために工夫を忘れないようにしましょう。

 

ポイント

爪で頭皮を傷つけないようにするということが大切です

爪で傷つけてしまうと爪で傷つけた部分が炎症してしまったり、乾燥の原因となります。乾燥してかゆみの強い人は頭皮にかゆみを感じているため爪を立ててしまうこともあります。

 

 

ちなみに、、、

頭皮の臭いで悩んでいる人は頭皮が不潔だと思ってしまい、ごしごしと洗ってしまいます。過度に洗いすぎてしまうことは、さらなる感想を招いてしまう原因となります。ちなみに、頭皮管理人も頭皮が不潔なんだと思って、必死で力強いシャンプーの洗い方をしていました。

 

実はリフトアップもできちゃう

 

頭皮をマッサージするように洗うときに一工夫するだけで、お顔のリフトアップ効果も期待できるんです。

 

方法は簡単で、頭の下から頂点に向かって指をはわせるようにマッサージするだけです。

それだけで、お顔の皮膚も持ち上げられていきますので、リフトアップ効果があるんです

 

 

髪の毛の正しい洗い方④すすぎが一番大切!

 

 

※髪の毛の正しい洗い方が③までできている人は多いですが、ここが大事です!

 

すすぎには時間をかける

 

髪の毛を洗った時間と同じくらいすすぐように意識してください。むしろ2倍くらいがちょうどよいと言われています。

 

ここでしっかりとシャンプー剤を洗い流さないと、その洗い残しがエサとなり、雑菌の増殖につながったり、シャンプーカスが毛穴に詰まってしまって頭皮環境を悪化させてしまいます。

 

ポイント

シャンプーで洗ったときの2倍の時間すすぎましょう

 

 

すすぎは、仕上げです。終わり良ければ総て良しとはよく言ったもので、髪の毛を洗った後に泡だけ洗い流してささっとお風呂を上がっているなら絶対にやめましょうね。

 

実はすすぎにもリフトアップ効果が!

 

シャンプーの泡で洗うときのように、頭皮を揉み動かす感じですすいでほしいんですが、このとき、上を向いてシャワーを浴びるようにしましょう。

 

頭のてっぺんからシャワーをかけるのではなく、おでこ辺りからシャワーを浴びるようにしましょう。

おでこから後頭部へ向かって指をはわせるようにしてすすいでいくと、リフトアップ効果が期待できますよ。

 

ポイント

アゴを上げておでこからシャワーを浴びて、おでこから後頭部に向かって指を動かしましょう!

 

 

髪の毛の正しい洗い方④ドライヤーの使い方

 

 

タオルドライ

 

シャンプーあとはまずタオルでしっかり水分をふき取りましょう。

 

だからと言ってゴシゴシやってしまうと髪の毛のキューティクルが剥がれることがあるので、優しくタオルで包み込むようにしておきましょう。

このとき髪の毛の水分をふき取るというよりは、頭皮の水分をふき取るというイメージでふき取りましょう。

頭皮の水分をふき取ると、同時に髪の毛の水分もある程度ふき取れていますよ。

 

タオルドライをしっかりする事で、ドライヤーの時間を短縮する事ができるので、ドライヤーの熱で髪の毛を痛めることがなくなります。

 

ポイント

頭皮の水分をふき取るイメージが大事!

 

 

ドライヤーで頭皮を乾かす

 

ドライヤーでしっかり乾かすことによって、頭皮の雑菌の繁殖を抑えます。

 

まずは頭皮や髪の毛の根元をドライヤーで乾かしていきます。

ドライヤーは20センチ以上離して、ずっと同じ場所にドライヤーの風をあて1か所にあたりすぎないように小刻みに動かすようにしてみましょう。

 

頭皮や髪の根元が乾いたら、次は毛先を乾かしていきます。

ドライヤーは外側から内側に風が来るように向けるようにすると、髪が広がりにくくなります。

 

ポイント

最後に冷風をあてるましょう

頭皮から髪の毛先まで乾いたら、仕上げにドライヤーを冷風にして、髪の毛全体にあてます。

冷風を当てると髪の毛のキューティクルがキュッと引き締まります。ツヤが出るし、髪の水分や栄養が逃げにくくなってうるおった髪の維持も期待できますよ。

 

 

 

頭皮の臭いを取る髪の毛の正しい洗い方は?

 

 

髪の毛を洗うことは今まで何十回、何百回、何千回と洗ってきたことでしょう。

しかし、その洗い方は間違っていたのかもしれません。

今ある洗い方と同じように洗ってみただけでも、以前のシャンプーの洗い方よりもスッキリするかもしれません。

シャンプーの洗い方で頭皮のすっきり感が変わる。

 

シャンプーの洗い方を変えるのに、お金がかかりますか?

 

無料で出来る頭皮の健康方法です。市販のシャンプーのように頭皮への刺激が強いシャンプーを使っていると、シャンプーの洗い方を変えただけでは、うまくいかないこともあります。

 

実はシャンプー選びも大事

 

 

シャンプー選びも重要になります

 

シャンプー選びをしっかりとして、自分のシャンプーの洗い方を見直すことで頭皮トラブルから解放されるように頑張りましょう。

シャンプー選びですが、頭皮が脂っぽい人は雑菌の繁殖や常在菌の繁殖がしやすい頭皮環境ですので、殺菌効果の高い成分が配合されているシャンプーが良いです。

 

反対に、頭皮が乾燥している人は、乾燥による皮脂の異常分泌によって頭皮トラブルになりやすいですので、保湿効果の高い成分が配合されているシャンプーが良いです。

正しい髪の毛の洗い方を覚えたら、次は正しいシャンプー選びをしましょう。シャンプーを選ぶときには、自分の頭皮環境を知る良い機会だと考えてください。

>>朝シャンが頭皮を乾燥させる?絶対にやってはいけない理由