頭皮管理人です。

ミドル脂臭って一体どこの部位が臭っているの?

ミドル脂臭で悩んで一番最初にしなくてはいけないのは発生部位の特定です。

どんな問題でもそうですが、原因や発生部位がわからなければ、問題の解決はできません。対策もなければ、改善策もないからです。

ミドル脂臭発生部位は?

ミドル脂臭で悩んでいるのであれば、憶測で改善するのではなく発生部位を特定し、発生原因を明確にしてから改善に取り組みましょう。ミドル脂臭は、後頭部で発生しています。耳の裏や胸、あるいは顔などから来ているように感じることが多いようです。が、後頭部が発生原因ということですので、後頭部は念入りに洗っておきましょう。

自分で気づきにくいミドル脂臭。もしかして。。。?と思ったのであれば、しっかりと予防をするべきですし、ミドル脂臭なのであれば発生部位はわかったので、後頭部に意識を向けて洗ってみましょう。

 ミドル脂臭が後頭部で発生する原因は?

ミドル脂臭は強烈な臭いであり、臭い物質の沸点が低いため、拡散力も強力です。また女性が嫌がる臭いNo.1と言われています。King Of 臭いがミドル脂臭だと思ってください。

でも、なぜ頭全体ではなく後頭部で発生するのでしょうか?厳密にいえば、後頭部・頭頂部・首と3つの部位です。この部分である理由を私なりに考えました。

まずは、皮脂腺や汗腺が頭皮に

ミドル脂臭の発生部位は後頭部だった!でもなぜ?

では、ここで頭皮の臭いが発生する後頭部がなぜ発生部位となったのか?厳密にいうと、後頭部から首にかけて臭いが発生しているようです。ミドル脂臭が発生する原因としては、ブドウ球菌が乳酸を分解してジアセチルという臭い物質が産生されます。

私が考えるに、頭皮には汗腺や皮脂腺が多く存在しています。顔のTゾーンも皮脂の分泌が多いといわれていますが、皮脂腺の量は2倍も違います。また、頭皮には髪の毛があり、汗をかいて拭いても顔や体のようにきれいに拭き取れず、乳酸をブドウ球菌が代謝分解してジアセチルの誕生です。次に、中鎖脂肪酸は雑菌が皮脂を代謝分解すると産生されます。中鎖脂肪酸とジアセチルが混ざり、「ハイ!ミドル脂臭の完成です!」って感じだと思います。

だから、後頭部・頭頂部・首に集中しているのだと考えます。でも、なぜ耳の裏が臭くならないのか?疑問に思ったんですが、今はまだ調査中です。拭き取れるといえば拭き取れますが、たまるといえばたまりますよね?

 

ミドル脂臭の改善にはやっぱりシャンプー?

やっぱり、なんやかんやシャンプーだな~と思うんです。後頭部が臭い理由でも述べていますが、タオルを持っていたとしてもきれいに拭き取れないんです。髪の毛って水分を吸いますし、邪魔で頭皮までタオルが届かないなんてざらにある。ましてや、出先でそんな頭皮に触れるほどタオルをゴシゴシするのにも抵抗がある。

やっぱりたどり着くのはシャンプーかな?って思います。出先でミドル脂臭を改善する方法が思いつきませんからね。どんなシャンプーが良いかな?と検索しているとフラボノイドがなんやらミドル脂臭には良いようです。

フラボノイド入りのシャンプーに心当たりはありました。私が日ごろ愛用しているシャンプーがフラボノイドが豊富なんです。

ハーブガーデンシャンプーに含まれているフラボノイドについて

ハーブガーデンのこだわり。それは「」にあります。シャンプーの主要成分といっても過言ではない水は、水道水のような水を使っているのか?はたまた、どこどこの山からとってきました。みたいなのまでたくさんあります。

ハーブガーデンの水は、ハーブウォーターです。7種類のハーブを煮出して作り出しているんです。その7種類すべてにフラボノイドが含まれており、ジアセチルの発生を抑えてくれます。

ジアセチルの発生を抑えることができれば、ミドル脂臭になることもありません。また、ハーブガーデンは使い勝手の良いコンディショナーもあります。使える方法は4通り。1本4役の働きをしてくれます。

>>HerbGarden(ハーブガーデン)コンディショナーを頭皮マッサージ用のクリームとして使ってみた

>>ハーブガーデンコンディショナーを洗い流さないトリートメントとして使ってみた

頭皮の臭い_ハーブガーデン公式ホームページへ

>>ハーブガーデンの公式ホームページへ行ってみる

>>頭皮管理人がハーブガーデンシャンプーを実際に使って評価した