頭皮管理人です。

ミドル脂臭に効果があると言われる柿渋。実際はミドル脂臭に効果はあるのか?どんな作用があって、ミドル脂臭を抑える事ができるのか?調査をしたので、記事にしました。

ミドル脂臭に渋柿は効果的なのか?柿タンニンという成分が作用している

柿渋は、ミドル脂臭に効果があります。ミドル脂臭ができる原因については、ミドル脂臭の原因と改善の記事を詳しく読んでいただきたいと思います。が、この記事を読んでもらうのにミドル脂臭がどういう原因で発生するのかは必要な知識なので、簡単に説明します。

①ミドル脂臭が発生→ブドウ球菌が代謝分解→ジアセチル発生

②皮脂が酸化する→酸化した皮脂が発生

ジアセチルと酸化した皮脂が合わさって臭いの原因となる。というのが、ミドル脂臭の発生原因です。柿渋がどの部分に作用するのかも説明したいと思いますので、忘れないようにしてください。

柿渋(柿タンニン)がミドル脂臭に効果がある理由

柿渋の柿タンニンという成分がミドル脂臭の発生原因に作用します。タンニンとは簡単に言うとポリフェノールの一種で渋みを感じる成分です。苦みや渋みの原因と思ってください。ポリフェノールはフラボノイドと言われており、フラボノイドはミドル脂臭に効果的だという研究結果が出ています。

フラボノイドは、上記のミドル脂臭発生原因の①ジアセチル発生を阻害します。ブドウ球菌が減少するなどの目に見える変化はありませんが、ブドウ球菌の代謝分解に影響を与えます。そのため、ジアセチルの発生を抑える事ができます。

フラボノイドなら何でもよいのか?

実験の際に使用されていたのは、カンゾウ、ケイヒ、クスノハガシワ、ユキノシタ、ビルベリーなど数百種類の植物エキスが使われており、ミドル脂臭のジアセチル発生抑制効果を確認することができました。その実験結果で得られたのは、フラボノイド含有の植物エキスがジアセチル発生の抑制ができるという実験結果なので、基本的にはフラボノイドであればジアセチル発生の抑制ができるという結論に至っています。

そのため、柿渋の柿タンニンというフラボノイドがジアセチルの発生抑制効果があると言えます。逆にいえば、柿渋でなくてもミドル脂臭の抑制効果が得られるということです。

私も自分のよく使うシャンプーを調べてみました。

HerbGarden(ハーブガーデン)にもフラボノイドが含まれていた

私が普段使っているHerbGarden(ハーブガーデン)シャンプーの成分に、フラボノイドが含まれていました。特にHerbGarden(ハーブガーデン)のこだわり成分の「水」ハーブウォーターに使われているハーブ7種類すべてにフラボノイドが配合されていました。

ミドル脂臭で悩んでいるのであれば、保湿効果や抗酸化作用なども豊富に含まれたHerbGarden(ハーブガーデン)を使ってみても損はないでしょう。しかし、シャンプーは不思議なもので、どれだけ良い成分が入っていても効果が表れない人がいます。むしろシャンプーが肌に合わなくて頭皮環境が悪化してしまう場合もあります。そんなときは「返金保証」もHerbGarden(ハーブガーデン)にはついていますので、肌に合わなければ返金してしまえば良いです。

いろいろなシャンプーを使って思うことは、まずは使ってみることが大切です。市販のシャンプーでは返金保証なんてついていませんが、返金保証のあるシャンプーを選べば最低限の出費で済みます。あなたが合うシャンプーを見つけられるまで続ければ良いだけです。

>>頭皮管理人が実際に使って評価したHerbGarden(ハーブガーデン)シャンプー体験レビュー

>>ハーブガーデンコンディショナーを頭皮マッサージ用クリームとして使ってみた

>>ハーブガーデンコンディショナーを洗い流さないトリートメントとして使ってみた

>>ハーブガーデンに含まれているハーブウォーターって何?

>>ハーブガーデンの半額モニターって?