頭皮管理人です。

頭皮赤い原因はさまざまありますが、頭皮が赤いということは健康的な頭皮環境ではないのは間違いありません。

頭皮が赤い人は、かさぶたができてしまったり、かゆみや炎症を引き起こしている可能性もありますので、注意しましょう。

頭皮が赤い原因について

先述した通り、頭皮の赤みの原因は様々です。また、頭皮が赤い人は、頭皮の臭いにつながる可能性もあります。

まずは頭皮が赤い原因についてお話していきましょう。頭皮が赤い原因は主に炎症だと思ってください。しかし、その原因がさまざまですので、どれが自分にあてはまるのかを考えながら見ていきましょう。

頭皮が赤い原因①皮脂の過剰分泌による炎症

皮脂は、通常量ではバリア機能があり、非常に大切な分泌物ですが、異常分泌をしてしまうと、常在菌のエサが増え、常在菌から刺激物が生成されることで炎症が起きたり、酸化することで刺激の強い物質に変化したりします。

ストレスや偏った食生活、睡眠不足、乾燥による異常分泌による炎症につながりますので、注意しましょう。

頭皮が赤い原因②紫外線による頭皮の炎症

頭皮は紫外線が一番当たる場所です。そのため、皮脂などでバリアを作り、刺激を防いでいます。

しかし、朝シャンや洗浄力の強いシャンプーなど皮脂を必要以上に落とした状態で外に出ると紫外線の刺激を直接受けてしまい、頭皮へのダメージとなり炎症につながります。

また、例えバリア機能が働いている状態でも、長時間紫外線を浴び続けることで炎症に発展しますので、注意が必要です。

頭皮が赤い原因③整髪料や髪の毛につけるものが肌に合っていない

私の経験で、洗い流さないコンディショナーを使った際に手が腫れたことがあります。

頭皮には、そこまで影響はありませんでしたが職場で手が腫れたので、頭皮に来たらすぐに帰ることを考えていました。

幸い頭皮までは来なかったんですが、手がパンパンに腫れ、赤くなっていました。こういったことも手には刺激があったということです。

頭皮で同じようなことがあればもちろん大変なことになります。

頭皮が赤い原因④髪の毛の洗い方が良くない

爪を立てる。すすぎが不十分。必要以上に力をかけて洗う。手で泡を立てずに洗う。洗い残しがある。ことは避けましょう。

正しい洗い方でも説明しているんですが、どれもやってはいけません。

爪を立てるのは、頭皮に傷がつきますし、すすぎが不十分だとシャンプーやコンディショナーが頭皮に残り常在菌のエサになったり、シャンプーやコンディショナー自体での炎症が起きたりと頭皮が赤くなる原因となります。

頭皮が赤い原因⑤シャンプーの選び方を間違えている

これはよくある話です。実際私もそうでしたから。

シャンプーを選ぶ基準は「香り!」だった私にとって、低刺激なんてことを考えることがまずありませんでした。

しかし、低刺激で適度な洗浄力のものは非常に探すのが難しいです。頭皮のトラブルを抱えている方の大半はシャンプーを改善すれば良くなります。

それくらいシャンプーは影響力が強いです。

洗浄力が強いと皮脂が必要以上に落ち、頭皮の乾燥へつながります。紫外線を受けたら無防備ですし、乾燥による異常分泌にもつながります。

さらに、シャンプーは毎日使いますので慢性的にその状態になることで頭皮環境が悪くなります。

シャンプー選びは非常に重要です。

頭皮が赤いのを治す

ひとまず、あなたは頭皮が赤い原因①~⑤の間でどのくらいあてはまりました?

多くあてはまることがあったというのであれば、ぜひとも改善が必要になります。

予防策を一文で伝えると

「規則正しい生活をし、朝シャンをせずに、低刺激で適度な洗浄力のシャンプーを使い正しい髪の洗い方をする。」

これが非常に重要です。

頭皮の赤みは基本的には炎症です。乾燥が原因。刺激が原因。皮脂が原因。常在菌が原因。なんであれ、シャンプーを正しく選び正しく使うことで大体は改善されます。

炎症が悪化するとかゆみやフケ、臭いへ発展することが多くあります。今の赤いという症状だけで気づけたのであればラッキーと思って、改善に取り組んでください。

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング