頭皮管理人です。

友達との飲み会や会社の飲み会など節目ごとに立て続けに入ることがありますよね?

頭皮の臭い大丈夫ですか?

あなたの頭皮臭いと関係しているアルコール

楽しみ過ぎてついつい頭皮環境を悪化させてしまう危険があります。

 

アルコールは頭皮の臭いの原因になる?適正量20gってどのくらい?

 

アルコールの適正量は20gと言われています。

これ以上飲んだら頭皮の臭いにつながります。でも、アルコール20gって想像つきますか?20gは簡単に超えてしまいます。

頭皮の臭いを気にしているのであれば、アルコールの摂取量に気を使うようにしましょう。

 

でも、アルコールは楽しみとして非常に重要です。

適正量を知って飲み過ぎているかどうかを自覚するために読んでください。

たまに楽しむくらいなら私は構わないと思ってます。

私は頭皮環境が悪化していた時期も、ストレス解消や友達との大切な時間だと思ってたので、アルコールを断つことはしていませんでした。

ただ、適量にする心がけは大切かもしれません。

 

 

 

お酒を飲みすぎて、帰宅後そのまま寝てしまい、朝になってから出かける前に朝シャンしてる人!

朝シャンも頭皮の臭いには良くないんです。

 

アルコールと頭皮の臭いの関係

アルコールは、適度に飲めば血行が良くなりますよね。

血行不良に悩んでいるのであれば、適度な摂取は健康を害すほどではないと言います。

でも、適正量以上を飲んでしまうと身体や頭皮にも悪影響となります。

アルコールを摂取しすぎると、生活習慣に影響が

アルコールを飲み過ぎると、生活習慣に影響が出てきます。

 

特に睡眠です。

睡眠の質が特に下がるようで、睡眠の質が下がると、睡眠不足になりやすくなります。

睡眠不足が続いてしまうと、皮脂の分泌が盛んになってしまうんです。

”睡眠を取る”という行為には、老化の元になる活性酸素の働きを抑えてくれたり、ストレスの解消にも役立つんです。

でも、睡眠の質が低下すると、ストレスの解消もできなくなります。

ストレスが解消できないと、交感神経が優位な状態が長く続いてしまいます。

効果神経が優位な状態って言うのは、カンタンに言うと、ずっと興奮した状態が続くという感じですね。

そうなると、皮脂の分泌が促進さ、成長ホルモンの分泌は低下し、栄養を摂り入れる腸の活動も少なくなります。

最悪の場合、腸の中にいる悪玉菌が多くなり、頭皮から大便臭がすることもあります。

 

ちょっと、影響がでかいですよね。

 

頭皮の臭いに影響の少ない
アルコールの適正量20gはどのくらい?

アルコールは頭皮の臭いの原因になる?適正量20gってどのくらい?

 

頭皮の臭いへの影響を考えて、アルコールの適正量を守るとしたら、計算方法も必要かもしれませんね。

アルコール20gの計算方法についてお話します。

飲むお酒の量(ml)×(アルコール度数(%)÷100)×0.8

 

ビールは、500ml(アルコール度数5%)
日本酒は、180ml(アルコール度数15%)

 

案外少ないと思いませんか?しかし、この量が適正量です。

外にのみに出たら間違いなく適正量は超えてしまうでしょう。

さらに、飲みに行った先にアルコール度数は書かれていません。

飲んだ感じで判断していると思いますし、アルコール度数を気にして飲むことはほとんどないでしょう。

楽しく飲むのもすごく重要です。

でも、頭皮の臭いにつながるようなことは避けたいものですね。

 

頭皮の臭いとアルコールについてのまとめ

適正量は思ったよりも少なく、生活習慣が乱れるので、睡眠不足やストレスを抱える。

そのため、皮脂の分泌が起きる。

さらに血行促進もされている。

血行促進は健康に良いことですが、発汗作用があるので、頭皮の臭いにつながる原因と考えられています。

 

アルコールの計算をしなくても良いとは思います。

適正量を考えながら外に飲みに行っても楽しみ切れないところもあると思います。

でも、頭皮の臭いで悩んでいるのであれば、アルコールを摂取すると、頭皮の臭いにつながる可能性があることを頭の片隅において、毎日浴びるように飲むことは避けましょう。

自分の体と相談し、飲み過ぎてしまった週はあえて自分で機会を作るようなことはしないようにして、頭皮ケアに時間を使ってみましょう。

 

 

 

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング