頭皮管理人です。

mogans(モーガンズシャンプー成分から徹底的に解析した結果、髪の毛に良い成分がたくさん配合されていましたので、参考にしてもらえると嬉しいです。いろいろなシャンプーを使ってきましたが、アミノ酸を非常に多く含んでいました。

アミノ酸シャンプーとは、アミノ酸系の界面活性剤を配合したシャンプーですが、mogans(モーガンズ)シャンプーはアミノ酸が配合されています。違いとしては、界面活性剤は低刺激で保湿効果もある成分が配合されているシャンプーのことを一般的に差します。

そのため、実際にアミノ酸が配合されているのではなくて界面活性剤がアミノ酸系で作られているというだけです。mogans(モーガンズ)シャンプーは、アミノ酸そのものが配合されているので、頭皮に必要な保湿成分がしっかりと配合されているシャンプーだということです。

 

mogans01&02_シャンプー成分

 

mogans(モーガンズ)シャンプーの成分解析の結果は、豊富に含まれたアミノ酸で頭皮を保湿してくれるシャンプーです。

 

 

mogans(モーガンズ)シャンプーの成分を解析

 

■mogans(モーガンズ)シャンプーの全成分
水、デシルグルコシド、グリセリン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウリルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ハチミツ、パンテノール、オリーブ油、月見草油、ツバキ油、ヒマワリ種子油、ブドウ種子油、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、プロリン、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、ハイビスカス花エキス、ラベンダー花エキス、イランイラン油、パチョリ油、グレープフルーツ果皮油、ゼラニウム油、ビャクダン油、カラメル、キハダ樹皮エキス、クエン酸、BG、EDTA-2Na、エチドロン酸4Na、ポリクオタニウム-10、塩化Na、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、香料

 

mogans(モーガンズ)シャンプーの成分解析
注目の成分アミノ酸!

 

■mogans(モーガンズ)の注目成分アミノ酸
タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、フェニルアラニン、アルギニン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、プロリン

 

アミノ酸のまとめ
  • タウリンは元気の源でもある成分で保湿効果ある
  • グルタミン酸は髪の毛を作り出すのに欠かせない成分
  • グリシンは頭皮と髪の毛を柔らかくしてくれる

 

アミノ酸の基本的な効果は保湿です。その理由は、天然保湿因子(NMF)と言われる成分の一つであることが大きいです。アミノ酸が配合されていると保湿効果が高くなると思っていただいて問題ないと思います。

また、髪の毛や頭皮を作り出す成分でもあるため、刺激になることはありません。私たちの人間の元となっている成分を使っていますので、この化粧品には同じメーカーのクレンジング良いというような相性があるように、人間の頭皮や髪の毛とアミノ酸という組み合わせは相性が抜群に良いと言えるでしょう。

 

mogans(モーガンズ)シャンプーの成分解析
界面活性剤はどんな界面活性剤?

 

■mogans(モーガンズ)の界面活性剤
デシルグルコシド、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウリルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa

 

界面活性剤のまとめ
  • 低刺激でありながら、洗浄力は強め
  • アミノ酸系界面活性剤が配合されている
  • 乾燥を招いてしまうかもしれない

 

洗浄力の強い成分が主剤として使われているので、洗浄力が強いです。デシルグルコシドでオレフィン(C14-16)スルホン酸Naが使用されています。そのため、乾燥肌の人の場合は皮脂を必要以上に落としてしまう。

 

mogans(モーガンズ)シャンプーの成分解析
保湿効果のある成分は?

 

■mogans(モーガンズ)の保湿効果のある成分
グリセリン、ハチミツ、パンテノール、オリーブ油、月見草油、ツバキ油、ヒマワリ種子油、ブドウ種子油、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、フェニルアラニン、アルギニン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、プロリン、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、ハイビスカス花エキス、グレープフルーツ果皮油、BG

 

保湿効果のある成分まとめ
  • ハチミツには抗炎症作用や頭皮に必要な栄養がたくさん含まれている
  • 植物エキスが豊富に配合されている
  • 18種類のアミノ酸が配合されている

 

ハチミツ栄養価の高い成分だと言われています。食べることだけではなく、髪の毛に浸透させることでしなやかな髪の毛を生み出すと言われています。また、植物エキスのツバキ油なども昔から使われていた髪の毛にツヤを与える油として知られている成分が豊富に配合されています。

それだけではなく、髪の毛の成分でもあるアミノ酸が配合されており、髪の毛の保湿を助けてくれます。アミノ酸は髪の毛と同じ成分なので、低刺激でしっかりと保湿をしてくれる点では非常に優れています。

 

mogans(モーガンズ)シャンプーの成分解析
抗酸化作用のある成分は?

 

■mogans(モーガンズ)の抗酸化作用のある成分
オリーブ油、ツバキ油、ヒマワリ種子油、ブドウ種子油、グリシン、ヒスチジンHCl、カミツレ花エキス、ハイビスカス花エキス

 

抗酸化作用のまとめ
  • オリーブ油は抗酸化作用だけではなく、毛穴ケアやクレンジング効果もある
  • ツバキ油で抗酸化作用だけではなく、保湿や肌のバリア機能を高めてくれる
  • ヒマワリ種子油は髪の毛の柔軟作用や保湿効果もある

 

優秀な植物油が多く含まれており、抗酸化作用としては抜群でありながら、頭皮の健康を保ち、髪の毛を柔らかくしなやかに仕上げてくれます。

抗酸化作用は頭皮の臭いだけではなくて、頭皮の細胞が酸化するのを防いでくれます。フリーラジカルと言われる活性酸素を除去してくれるので、アンチエイジングにも有効な成分です。

 

mogans(モーガンズ)シャンプーの成分解析
抗炎症作用のある成分は?

 

■mogans(モーガンズ)の抗炎症作用のある成分
ハチミツ、パンテノール、アラントイン、ラベンダー花エキス、パチョリ油、ゼラニウム油、キハダ樹皮エキス

 

抗炎症作用のまとめ
  • ハチミツは、保水や保湿効果を持ちながら殺菌などの効果も見込める
  • パンテノールは新陳代謝を活発にして肌をきれいに保つ効果がある
  • パチョリ油にはイライラを抑えるリラックス効果がある

 

パンテノールは新陳代謝を活発にして、肌をきれいに保つ働きがあります。保湿効果や抗炎症作用があるので、頭皮に使用すると健康な頭皮環境の維持に役立ちます。

パチョリ油は、抗感染症作用や免疫強壮作用もあり、風邪やインフルエンザ予防などにも活用されています。それだけではなく、皮膚柔軟化作用や、お肌の再生に優れており、傷やひび割れ、あかぎれの治りを早めてくれるし、たるんだ皮膚を引き締めてくれるので、しわの改善やダイエット後や産後の皮膚のたるみのケアにも有効です。

 

mogans(モーガンズ)01シャンプーの効果は?

 

mogans(モーガンズ)シャンプーを使わない方が良い人

乾燥肌が深刻な人

臭い・フケ・かゆみなどの頭皮トラブルを抱えていない人

すぐに効果を期待している

 

mogans(モーガンズ)シャンプーを使ってみた方が良い人
  • 低刺激でさっぱりとした洗い上がりが好きな人
  • 頭皮トラブルを改善・予防したいと思っている人
  • アミノ酸の成分を試してみたいと思っている人

 

mogans01&02_シャンプー&コンディショナーセットの外箱と一緒に

 

mogans(モーガンズ)01シャンプーの評価
★★★★☆
潤い 洗い上がり 洗浄の優しさ
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆
髪の毛のツヤ 泡立ち 香り
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★★

 

>>mogans(モーガンズ)01シャンプーを試してみる

 

 

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング