頭皮管理人です。

マイナチュレシャンプーの優れた殺菌力がマラセチア菌をやっつける?

マラセチア菌とは脂漏性皮膚炎の原因となっている常在菌。
この常在菌が増えすぎると、脂漏性皮膚炎の原因となります。

殺菌力・抗菌力に優れたアミノ酸シャンプーのマイナチュレをご覧になりたい場合は、リンクからどうぞ。

 

マイナチュレの殺菌力は非常に強く、殺菌にかかわる成分が・・・

1,2-ヘキサンジオール、オレンジ油、サリチル酸、ラベンダー油、BG、エタノール、乳酸Na、カプリロイルグリシン、カキタンニン、乳酸、加水分解酵母エキス、トウキンセンカ花エキス、チャ葉エキス、ビワ葉エキス、ドクダミエキス、ユーカリ葉油、エンピツビャクシン油、パルマローザ油、ティーツリー葉油、ローマカミツレ花油

 

20種類にも及ぶ殺菌と抗菌の成分が配合されています。

マイナチュレはアミノ酸シャンプーでありながら、殺菌力が優れているシャンプーということです。

 

 

マラセチア菌の繁殖を抑えるシャンプーはマイナチュレ?

マイナチュレは、殺菌においても、抗菌においても優れた効果を発揮します。
そのため、マラセチア菌が繁殖をしようとしてもなかなかうまくいきません。

また、アミノ酸シャンプーなので、洗浄力が適度であるため、頭皮の皮脂を必要以上に落とすことはなく、適度な皮脂を維持してくれるシャンプーです。

そのため、乾燥による皮脂の異常分泌などが起きにくいことも特徴として挙げられます。

皮脂はマラセチア菌の大好物です。皮脂を食べることで遊離脂肪酸を発生させ、脂漏性皮膚炎にもつながることもあります。通常の菌量であれば、問題視する必要はありませんが、異常繁殖をすると、遊離脂肪酸が頭皮に炎症を引き起こし、脂漏性皮膚炎となります

 

ただし、マイナチュレの殺菌効果では、脂漏性皮膚炎の原因菌であるマラセチア菌などの真菌(カビ菌)の殺菌はできないようです。

もちろん、殺菌力自体は高いのですが、マラセチア菌には効果が期待できないと言えるでしょう

頭皮のマラセチア菌に効果のあるシャンプーとは?

マラセチア菌が異常繁殖している頭皮には、どのようなシャンプーが適しているんでしょうか。

マラセチア菌が繁殖するのは、頭皮の乾燥が皮脂の過剰分泌を引き起こす原因となる場合が多いです。

つまり、頭皮の乾燥を防ぐ保湿力があるシャンプーというのも大事なポイントと言えますね。

頭皮の脂漏性皮膚炎に使いたいシャンプーとマイナチュレの違い

マラセチア菌の殺菌は、マイナチュレシャンプーの殺菌効果では期待できないとお伝えしましたね

じゃあ、マラセチア菌などの真菌(カビ菌)に殺菌効果のあるシャンプーはないの?

ちゃんとありました!!

皮膚科で脂漏性皮膚炎と診断されたときに、皮膚科医が一番勧めることが多いシャンプーを調べた結果、コラージュフルフルネクストシャンプーが一番多いみたいです。

コラージュフルフルネクストシャンプーは、日本初、抗真菌(抗カビ)成分「ミコナゾール硝酸塩」と抗酸化・抗菌成分「オクトピロックス®」の2つの有効成分をダブルで配合した薬用頭皮ケアシャンプーです。
抗真菌(抗カビ)成分「ミコナゾール硝酸塩」とは、脂漏性皮膚炎に使う塗り薬ニゾラールに近い成分です。マラセチア菌に効果があると言われるニゾラールに近いミコナゾールを配合したシャンプーは、コラージュフルフルネクストシャンプーだけです。
ということで、マラセチア菌の殺菌作用が期待できるシャンプーは、マイナチュレではなく、コラージュフルフルネクストシャンプーということがわかりました!

脂漏性皮膚炎の改善のために開発されたシャンプーがあるのをご存じですか?

コラージュフルフルネクストシャンプー以外にもKADASONスカルプシャンプーというのがあります。

そこで頭皮管理人なりに脂漏性皮膚炎におすすめのシャンプーランキングをまとめてみました。

 

頭皮管理人の脂漏性皮膚炎おすすめ
シャンプーランキングはこちら

 

 

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング