頭皮管理人です。

べたつき_髪の毛_濡髪

濡髪が流行りのスタイリングとなっていますが、髪の毛に影響がないかいろいろと調べてみました。濡髪でかわいく見せたいと思っていたのに、むしろ髪の毛のダメージを進行させてしまっては意味がない!と思います。ダメージを受けた髪の毛は臭いの原因にもつながります。

最初に濡髪スタイリングの仕方

濡髪用の整髪料(ツヤが出やすい整髪料)も発売されていますが、今まであったもので代用していたり、髪の毛を濡らした状態でスタイリングをすることで髪の毛のダメージはどうなのか?

専用の整髪料以外を使用すると濡髪感をアップさせるために、髪の毛が濡れた状態で整髪料を塗り込み濡れているかのように見せるスタイリングです。

最終的にはブローをするので、雑菌が繁殖することはないように思いますが、ここで気になったのがキューティクルが開いた状態で整髪料を塗るのは髪の毛にダメージが出ないか心配になりました。

どうしてキューティクルが開いた状態だと髪の毛のダメージになるの?

キューティクルは水にぬれると開き、乾くと閉じる性質があります。水分が抜けないようにキューティクルが閉じます。

キューティクルが閉じることできれいな髪の毛を作り出すことができますが、水で濡らした髪の毛にそのまま整髪料を付けるとキューティクルは開いた状態です。

キューティクルが開いた状態で固まってしまうとキューティクルが次にきれいに閉じる保証はありませんし、整髪料を落とすときや外で髪を直すときに、キューティクルが一緒に剥がれ落ちて髪の毛のキューティクルがなくなることで乾燥しやすくなることもあります。

濡髪のスタイリングは自分の髪の毛と相談して専用の整髪料を使う

キューティクルが開いた状態で固定されると水分が抜け落ちてしまいますので、水分量の多い整髪料を使ってスタイリングを楽しみましょう。

濡れている感じを強く出すときに髪の毛を濡らすときは、キューティクルが剥がれてしまう可能性もあることを頭において、髪を直すときには慎重にしてください。

キューティクルが剥がれて髪の毛のダメージが進行してしまえば、違う髪形をしたときにパサパサで爆発したようなスタイリングしかできなくなってしまいます。

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング