頭皮管理人です。

実は、正しい シャンプーの選び方 によって、頭皮臭い改善に繋がる可能性はグンと高くなります。

なぜなら、毎日頭皮につけるモノだから。

 

シャンプーを選ぶときに、あなたは何を一番に考えますか?

 

私は、頭皮の臭いについて悩むまでは、ずっと好きな香りのするシャンプーを選んでいました。

安くていい香りをモットーに選んでいましたが、そんなシャンプーの選び方が自分の頭皮を苦しめていることに気づきました

頭皮の臭いが気になるようになってから私は、シャンプーの成分を詳しく調べるようになり、「本当に正しいシャンプーの選び方は香りじゃない!」と気が付きました。

 

あなたは”香り”や”コスパ”だけで選んでいませんか?

頭皮の臭いを改善しようと考えているなら、お肌につける保湿液や美容液、化粧品にこだわるのと同じように、シャンプーにもこだわってあげる必要があります。

 

シャンプーの選び方 で変わる!頭皮の臭い改善のための5つのポイント

 

では、何にこだわればいいのでしょうか?

今回は、分かりやすく5つのポイントにまとめてみたので、参考にしてみてくださいね。

 

シャンプーの選び方 で変わる!頭皮の臭い改善のための5つのポイント

シャンプー選びのポイント

硫酸(スルホン酸)NG!

アミノ酸系の洗浄成分がGood!

ノンシリコンがGood!

合成添加物はNG!

コスパを考える!

 

シャンプー選びにおいて、頭皮の臭い改善を目的にすると、普段のシャンプー選びとは基準を変える必要があります。

特に、頭皮の臭いの原因になりやすい刺激の強い成分や添加物には注意しないといけません。

そのため、成分表をよーく見るようにしましょう。

成分表とは、↓みたいな感じで、シャンプーボトルを裏返してみる事ができます。

 

シャンプーの選び方 で変わる!頭皮の臭い改善のための5つのポイント
参考:ハーブガーデンシャンプーのボトル

 

シャンプーの選びに大切な水と洗浄剤の割合

シャンプーの選び方 で変わる!頭皮の臭い改善のための5つのポイント

 

一番知っておいてほしい事は、シャンプーは水と洗浄剤がほとんどの割合を占めているという事です。

細かな違いはありますが、基本的なシャンプーの配合は水分が半分以上50%~60%くらい、次に多いのが洗浄剤で30%くらいです。

 

シャンプー企業の宣伝文句では、魅力的な成分の事を「たくさん入ってます!」みたいな感じで伝えてくれますが、頭皮の臭いを改善したい私たちにとっては、8割を占めている”水”と”洗浄剤”の品質の方が大切かもしれません。

 

シャンプーの選び方1
硫酸(スルホン酸)NG!

ここで言う”硫酸(スルホン酸)”とは、洗浄成分の事です。

洗浄成分は、シャンプー全体の3割以上を占める成分ですので、頭皮の臭いで悩んでいる私たちにとっては最も気にしなくてはいけない成分です。

 

具体的な成分名は?

ラウリル硫酸Na

オレフェンスルホン酸Na など

 

○○硫酸
△△スルホン酸

手に取ったシャンプーの成分表に、上記のような成分があれば、避けた方がいいです。

 

理由は、頭皮への刺激です。

少ない量でも高い洗浄力を発揮する成分だから、それだけ刺激も強いので、意識して避ける人も増えてきましたよね。

 

シャンプーの選び方2
アミノ酸系の洗浄成分がGood!

洗浄力が強く刺激が強い洗浄成分を避けて、アミノ酸系の洗浄成分を選びましょう。

最近は『アミノ酸系』なんて言葉がそこら中で聞こえてきますよね。

この『アミノ酸系』とは、アミノ酸系洗浄成分の事を言っている事がほとんどです。

 

具体的な成分名は?

ラウロイルメチルアラニンNa

ココイルグルタミン酸Na

ココイルグルタミン酸TEA など

 

頭皮の臭いに悩む私たちにとっては、こういったアミノ酸成分で構成されているアミノ酸シャンプーが理想的です(^ ^)

 

シャンプーの選び方3
ノンシリコンがGood!

シリコン自体は悪い成分ではありません。

髪の毛をコーティングして指通りも良くしてくれるので、嬉しい効果を持った成分なんです。

なので入っていたらダメってわけじゃないんです。

 

問題は、先ほどの硫酸やスルホン酸が洗浄成分として配合されているシャンプーに必ずと言っていいほど、シリコンも入っているというところ。

 

洗浄力の強い成分を使うと、髪の毛はパサパサになってしまいます。(スッキリさっぱりしますが)

そこにシリコンでコーティングして、髪の毛のパサパサするのをフォローしてくれているんですね。

 

もちろん、シリコンが入っているだけで、良いシャンプーもあるでしょうが、見分けるのも難しいので、避けた方が無難だと私は思うんです。

 

シャンプーの選び方4
合成添加物はNG!

着色や防腐剤などの合成添加物が入っていないかということが大切です。

化粧品関係の人に聞いてみたところ、酸化剤や防腐剤は適度に入っていた方が良いとのこと。

防腐剤や着色料でも、天然由来の成分であれば問題ないと思いますが、以下のような成分が入っていたら、頭皮の臭いを改善する時には避けた方がいいです。

 

具体的な成分名は?

パラベン

安息香酸

BHT

エデト酸

BHA など

 

逆に天然由来の添加物は以下のような成分ですね。

 

具体的な成分名は?

ラフィノース

クエン酸

ユーカリ油 など

 

シャンプーの選び方5
コスパを考える!

本当に良いシャンプーを探せば、上記のポイントをクリアしたシャンプーもあります。

でも、正直、コストが高くて(-_-;)

 

どうしても「頭皮や髪の毛に良いシャンプーを作る」となると、配合成分にこだわる必要があるので、原材料が高くなってしまうみたいです。

 

それでもやっぱり、頭皮の臭いを改善したい人にはおすすめですね。

本当に良いものを使っているので、市販のシャンプーとは使用感から何から全然違います.

 

頭皮の臭いが解消されずに、色々と頭皮ケア商品を試すのもアリだと思います。

プラスして市販のシャンプーも買うとなると、結局は改善できないかもしれません。

そこにお金を使うなら、一度思い切って”本当に良いシャンプー”を使ってみた方が、全体的に見るとコスパはいいかもしれませんよね。

 

シャンプーの選び方のコツ!

シャンプーの選び方 で変わる!頭皮の臭い改善のための5つのポイント

 

良いシャンプーは市販されていないものがほとんどなので、インターネットで注文する事になるかもしれません。

しかも初めてなら尚更、不安もあるかもしれません。

何でも、”初めて”って不安がつきものですよね。

 

良心的なインターネット販売をしている販売店は『〇〇日間の返金保証』がついている事が多いです。

実は、ドラッグストアや他の実店舗では、この返金保証がないんですよね。

結局、実際に買ってしまったら使い切らないと損をしてしまいますよね。

そこはインターネットでのお買い物の方がお得になる事も多いので、最近では利用者が増えているのはみんなそこに目を付けたからでしょう。

 

シャンプーの選び方 で変わる!頭皮の臭い改善のための5つのポイント

 

せっかくなので、しっかりしたシャンプーの選び方で、頭皮の臭いから解放されましょう

 

頭皮の臭いにおすすめ
シャンプーランキングはこちら

 

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング