あれ?皮が赤い?
これは赤ちゃんにも発症する脂漏性皮膚炎の兆候かもしれません

生まれて間もない赤ちゃんの脂漏性皮膚炎を、『乳児脂漏性湿疹』と呼びますね

大人の皮膚炎なら強い薬を使う事も出来ますけど、可愛い赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹をどうやって治してあげるのか、治らなかったら…という不安もあるでしょう。

そもそも、赤ちゃんの脂漏性皮膚炎『乳児脂漏性湿疹』とはどんな症状なんでしょうか?

あなたの赤ちゃんが乳児脂漏性湿疹なのか、心配ですよね。

 

赤ちゃんの頭皮の脂漏性皮膚炎『乳児脂漏性湿疹』は薬より保湿ケア!_3

 

症状としては、厚くて黄色のかさぶたが出てくるのが乳児脂漏性湿疹です

生後1か月~2歳くらいの赤ちゃんは、生まれてからもお母さんの体内にいたときのホルモンに影響されて、皮脂の分泌が盛んだと言われています。耳の周辺や皮などの皮脂が溜まりやすい場所に発症しやすいです。

 

脂漏性皮膚炎と似た湿疹に、アトピー性皮膚炎がありますね。
乳児性脂漏性湿疹との違いは、『かゆみがあるか』ということです。

乳児性脂漏性湿疹はかゆみは伴わないので、赤ちゃんがかゆそうにしていなければ、アトピーではないかもしれませんね。

でも、アトピーかどうかは血液検査などでしっかりと調べてもらった方が良いですし、乳児性脂漏性湿疹かどうかも自己判断だけでは終わらせず、皮膚科医の先生にしっかり診断してもらうようにしましょうね。

 

 

赤ちゃんの頭皮にできる脂漏性皮膚炎の症状と原因

赤ちゃんの頭皮の脂漏性皮膚炎『乳児脂漏性湿疹』は薬より保湿ケア!_2

 

赤ちゃんの白くてふわふわした柔らかいほっぺたが、湿疹で赤み、痛々しくなっているところを見たことがあります。
そんな赤ちゃんの湿疹を総称すると『乳児湿疹』と呼びます。

その中でも赤ちゃんは脂漏性湿疹にかかりやすいそうです。
理由は、皮脂の分泌が盛んに行われる時期だからですね。

それでは、まずは赤ちゃんの脂漏性皮膚炎『乳児性脂漏性湿疹』の症状原因を調べてみました。

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎の症状の特徴としては、赤ちゃんの首より上にできるようで、身体にはできないみたいです。
主に顔、頭皮、耳の後ろなどです。

頭皮の一部が黄色いかさぶたのような物で覆われるとか、眉毛の部分、おでこ、頬などが赤い湿疹になったり、フケのようなカサカサしたりします。

次に、生まれて間もない赤ちゃんが脂漏性皮膚炎になってしまう原因はどうでしょう

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎の原因は、お腹の中にいる時のお母さんの女性ホルモンの影響が残っているからと言われています。

特に、生後3か月くらいまでは皮脂の分泌が盛んに行われるので、汗や皮脂が溜まりやすくて汚れやすい状態です。

また、毛穴がまだまだ未発達なので、詰まりやすく、脂漏性皮膚炎を起こす原因になりやすい環境のようです。

 

赤ちゃんの頭皮の脂漏性皮膚炎のケア方法は?

 

皮脂の分泌は生後間もない赤ちゃんの場合、防ぎようもないので、私たちにできることでしっかりケアしてあげることが大切ですよね。

 

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎のポイントは?
  • 汗や皮脂が溜まりやすく、汚れやすいこと
  • 未発達な毛穴に皮脂が詰まりやすいこと

 

大きくはこの2つのポイントをもとにケアしてあげるのが大切なんです。

 

つまり、汗や皮脂が溜まって汚れてしまった部分を洗い落とし、清潔に保つこと。

具体的には、毎日の入浴でしっかり汗や皮脂汚れを落としてあげてください。

 

もしも、しっかりケアをしてあげていても、赤ちゃんが脂漏性皮膚炎になってしまったら

 

赤ちゃんが脂漏性皮膚炎になってしまったら、頭皮に黄色いかさぶたやうろこ状になってしまうかもしれません。
そんなときは入浴するときに優しくケアしてあげましょう。

 

赤ちゃんの肌をケアするときの注意点!

赤ちゃんの肌はとても薄くて、とってもデリケートですね。汗や皮脂汚れを落とすことに意識が行き過ぎて、ごしごし洗いをしてしまうのはNGですよ!

刺激の少ない赤ちゃん用のシャンプーなどで泡立て、できるだけやさしく洗うようにしましょうね。

特に、頭皮や眉毛の中などに脂の塊がある場合、入浴する前にベビーオイルなどをつけておくと良いみたいです。
また、赤ちゃんは何もわからずに湿疹をひっかいてしまう可能性も。
湿疹は刺激を与えると悪化しやすいので、赤ちゃんの爪を短く切って整えてあげるのも忘れてはいけませんね。

 

赤ちゃんの肌をケアするときの注意点まとめ

赤ちゃんのデリケートな肌をゴシゴシ洗ってはダメ!

湿疹をひっかかないように赤ちゃんの爪を短く切って!

刺激の少ないシャンプーなどで、しっかり泡立ててから優しく洗いましょう!

頭皮や眉毛の中の脂の塊は入浴前にベビーオイルをつけておきましょう!

 

脂漏性皮膚炎の赤ちゃんの頭皮を保湿ケアする方法!

 

赤ちゃん用のシャンプーなどで、赤ちゃんの頭皮の脂漏性皮膚炎に対して保湿してあげるのはとても大切です。
赤ちゃんが使っても問題ない刺激が少ないシャンプーを選びましょう。

また、入浴前にベビーオイルなどで頭皮を優しくオイルマッサージしてあげるのも効果的と言われていますので、試してみるといいでしょう。

 

よく、脂漏性皮膚炎に効果があると言われているシャンプーがありますが、大人用のシャンプーだと殺菌力や洗浄力が強くできています。

赤ちゃんが脂漏性皮膚炎だからといって、大人が使っている脂漏性皮膚炎用のシャンプーでは逆効果になるかもしれませんので注意してくださいね。

 

脂漏性皮膚炎の赤ちゃんの頭皮にも使えるシャンプー

 

脂漏性皮膚炎で刺激に過敏になっている赤ちゃんの頭皮に、できる限り刺激の少ないシャンプーを使ってあげたいですよね。

そこで、私が使っているハーブガーデンシャンプーについて、赤ちゃんにも使えるのか調べてみました

このサイトでよく紹介していますし、シャンプーランキングにもランクインしているアミノ酸シャンプーです。
とくに天然由来成分100%でかなり低刺激、それでいてしっかり保湿する成分配合の優良シャンプーなので、赤ちゃんの頭皮にも使えるのかな?って気になりました。

ハーブガーデンシャンプーの販売元『さくらの森』ではこのような回答を得られます。

 

「ハーブガーデンシャンプーは、赤ちゃんでも使えるんですか?」

ハーブガーデンは、洗い流した泡を川に流しても害のないものを使用しております。そのため
赤ちゃんにも使用いただけますので、ご安心くださいませ。液体をお湯で少し薄めてご使用下さい

 

ということで、ベビーシャンプーと同じように使う事ができるシャンプーと思っていいようです。

赤ちゃんの頭皮ケアには、私が使っているハーブガーデンシャンプーを使っても大丈夫ということでした。

 

赤ちゃんの頭皮の脂漏性皮膚炎『乳児脂漏性湿疹』は薬より保湿ケア!_1

 

 

脂漏性皮膚炎の改善に向けて開発されているシャンプーは他にもあります。
大人用のシャンプーもありますが、脂漏性皮膚炎におすすめのシャンプーランキングをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

ランキングページでわかること!
他のシャンプーとの違いを分かりやすく紹介!
そのシャンプー特有の成分の特徴を解説!
お得なキャンペーンがないかもチェック済み!

 

>>頭皮管理人の脂漏性皮膚炎おすすめ
シャンプーランキング<<

 

ただ、実際に炎症を起こしている脂漏性皮膚炎の患部のケア方法については、一度お医者さんに確認した方が良いと思います

可愛い赤ちゃんが、早く良くなるといいですね。少しでもこの情報が助けになれば幸いです。m(_ _)m

 

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング