脂漏性皮膚炎には、症状の強さに合わせて、効果の違うステロイドが処方されます。

 

ここで解消できる問題は?
  • 脂漏性皮膚炎に使われるステロイドって何?
  • ステロイドに副作用があるの?
  • ステロイドに頼らないケア方法は?

 

ステロイドとは、合成副腎皮質ホルモン剤です。

「リンデロンVG」などのステロイドが有名ですが、抗菌作用がある抗生物質の配合剤で、皮膚のかゆみや赤み腫れなどの改善に用いられます。

ただ、脂漏性皮膚炎のような真菌(カビ菌)が原因の症状に対しては、抗菌作用は効かないので、別途抗真菌薬などが処方されるというのが一般的なようです。

 

ステロイドには、以下のような色々な種類があります。

  • リンデロンVG
  • リンデロンDP
  • アンテベート
  • プレドニン錠剤
  • ロコイド

どれが最適なのかな~ってなっちゃうので、皮膚科医に相談して処方してもらうのが一番ですね。

 

処方されるステロイドには5段階の強さがありますが、その強さのランクによって、副作用の度合いも異なるようです。

 

ステロイドは諸刃の剣とでもいえばいいでしょうか。

脂漏性皮膚炎の炎症・かゆみ対策として抗炎症作用のあるステロイドを皮膚科で処方されるというパターンが多いですが、脂漏性皮膚炎がなかなか完治せず、ずっとステロイドの副作用に悩まされているという方もいるようです。

 

 

ステロイドのランクとは?
  1. weak(ウィーク)
  2. mild(マイルド)
  3. strong(ストロング)
  4. very strong(ベリーストロング)
  5. strongest(ストロンゲスト)

 

脂漏性皮膚炎の場合、治療に長期間かかることが多いので、体にステロイドがたまり、副作用に悩まされてしまうことが多いみたいですね。

今回は、そんなステロイドによる副作用について調べてみました。

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎の治療に使うステロイドの種類と副作用とは?

 

副作用の怖さを知ると使えない!脂漏性皮膚炎にステロイド2

 

まず、ステロイドによる副作用ですが、皮膚刺激感、潮紅、皮膚炎、発疹、接触性皮膚炎、皮膚の感染症など、上げるととても多いんですよね。

ランク別に代表的なステロイドの種類と、副作用を解説していきましょう。

 

ランク 名称 副作用
weak キンダベート かゆみ、毛のう炎・せつ、刺激感、ステロイドざ瘡、皮疹の悪化、紅斑、発疹、蕁麻疹、皮膚灼熱感、接触性皮膚炎など
mild ロコイド 乾皮様皮膚炎、そう痒感、毛包炎、発赤、刺激感などの皮膚症状
strong リンデロンV・VG 皮膚刺激感、潮紅、皮膚炎、発疹、接触性皮膚炎、皮膚の感染症など
very strong リンデロンDP 毛嚢炎(毛穴の化膿)・せつ(おでき)、皮膚感染症、ステロイドざ瘡(にきび)、皮膚萎縮、紅斑など
strongest デルモベート 皮膚萎縮、毛のう炎・せつ、毛細血管拡張、紅斑、発疹、蕁麻疹、かゆみ、皮膚灼熱感、接触性皮膚炎など

 

通常、アトピー性皮膚炎や顔面、頸部、わきの下、陰部の湿疹・皮膚炎の治療に用いられます。でも効果が弱く、脂漏性皮膚炎の改善には向かないでしょう。

 

皮膚の炎症をおさえる働きがあり、赤み、はれ、かゆみなどの症状を改善するステロイドの塗り薬です。通常、湿疹や皮膚炎、乾癬などの治療に使用します。

 

通常は、細菌感染をともなうか、そのおそれのある湿疹・皮膚炎や乾癬などの治療に用いられますが、真菌などの感染による炎症には原則用いられないようです。

 

このデルモベート配合の『デルモベート軟膏0.05%』は、抗炎症作用や抗アレルギー作用により、発赤、はれ、かゆみなどの症状を改善、湿疹・皮膚炎や乾癬、円形脱毛症などの治療に用いられます。

副作用に、”接触性皮膚炎など”とありますが、脂漏性皮膚炎を改善したいのにステロイドの使用によって逆に皮膚炎になってしまうのはイヤですね

 

といった感じで、「ステロイド」と一言でいっても、それぞれ特徴があるという事が分かりました。

でも、個人的にはやっぱり副作用がこわいので、使わなくていいなら使いたくないですね。

 

ステロイドの副作用でムーンフェイスに?
女性には辛いむくみ

実際に、ステロイドを処方され、使い続けた人が悩まされた副作用の中には、こんな症状を相談している方がいました。
ちょっとご紹介しておきますね。

 

20代 女性です。
現在かかっている病気のためにプレドニン錠を15mg飲んで4カ月になります。

病名は日本人でも年に数人しかならない病気で、個人を特定されたくないのでお伝えできないことをお許し下さい。
完治できる病気ではあると医師に言われています。

ご相談したいのはステロイドの副作用のことです。
私が服用している量は多量とまではいかないと思いますが副作用が辛いです。

自覚のある副作用としては…
・睡眠導入剤がないと寝れない。
・顔の皮脂がひどい。
・体浮腫み
・ムーンフェイス

一番今気になっているのが体の浮腫みとムーンフェイスです。
もともと身長が高く肩幅も広い方なので、よけい体が大きく見えます。

小町でもたまにトピの中で「太っている人は自己管理ができていない」と非難されているのをみると自分もそう思われているんだと辛くて。

そして先日、見ず知らずの人に通りすがりに「どこから来たんだ、このデブ」と言われました。
私とすれ違う前からブツブツと何か言っている人だったので、ちょっと変わった人だとは思うのですが…。
怖かったです。
その時の恐怖心が拭えなくて外に出るのが怖いです。
人の目が怖いです。

ご飯を食べる量も変わっていないのに体型がかわる。
着れていた服が着れない。
運動をすればよくなるかもと思って運動をすると体調を崩す。

先生に相談し、運動は無理だがお風呂上がりにストレッチを軽くするようにしていますが効果はよくわかりません。

自分がこんなに弱い人間だとは思いませんでした。
情けないです。

ステロイドを服用されている皆さんは副作用どう対応されているか、よかったら教えて下さい。

引用

 

彼女が服用していたステロイドは、『プレドニン』というランクweakで効果が弱めのステロイドです。

効果が弱めでも、女性にとっては副作用でこれだけの症状があるようです。

 

脂漏性皮膚炎はステロイドだけで完治するわけじゃない

 

副作用がちょっと怖いなぁという印象のステロイド。
副作用があるのに脂漏性皮膚炎患者に処方されるのは、ステロイドの抗炎症作用の強さにあるようです。

そもそも脂漏性皮膚炎は、マラセチア真菌というカビ菌が放出する脂肪酸の量が多くなったときに、脂肪酸の刺激で炎症が起きてしまう皮膚炎です。

つまり、脂漏性皮膚炎の炎症を改善する必要があるので、抗炎症作用の強いステロイドが処方されるんです

 

でも、その炎症を抑えるためにステロイドを使って、その副作用が原因で症状が悪化する事に怯える生活ってどう思いますか?

 

ステロイドの副作用を気にせず
頭皮の脂漏性皮膚炎を改善する方法

 

副作用の怖さを知ると使えない!脂漏性皮膚炎にステロイド3

 

ステロイドを使わないで脂漏性皮膚炎の改善をする為にはポイントがあります。

  • 悪化原因になるかゆみ対策!
  • 真菌(カビ菌)への対策!
  • 継続できること!

 

かゆみを抑えるビタミンの補給は大事!

ビタミン剤の効果は?

特に、ビタミンB2やビタミンB6は炎症を抑え、かゆみを抑える効果があると言われていて、皮膚科でもかゆみが強い場合にはこれらのビタミン剤を処方してくれますし、抗ヒスタミン剤も有効と言われています。

 

また、ビタミンの一種『パントテン酸』というビタミンは、タンパク質の代謝や、髪の毛を健康に保つ作用が注目されています。

炎症によってボロボロになる頭皮の修繕にも関わってくれるビタミンです。

 

 

※Amazonにて詳細を確認できます。

商品名
パントテン酸(ビタミンB5)500mg
NOW Foods
250tab
価格
3,980円
配送料 無料
飲み薬の特徴
糖質・脂質・タンパク質の代謝に関与したり、抗ストレス作用、髪を健康に保つ作用、そのほか皮膚を正常に維持する作用が期待されます。
副作用
多量服用により、腹痛、下痢など。

 

かゆみを鎮めるために用いられるビタミン剤なので、脂漏性皮膚炎を直接治してくれるという薬ではありません。

ただ、かゆみがあると、どうしても搔きむしってしまうので、悪化しやすいんですよね。

いかに、かゆみを抑えるか

これは脂漏性皮膚炎などのかゆみが辛い症状には、重要なポイントになってきますね。

 

毎日使うシャンプーでできる脂漏性皮膚炎対策!

ステロイドを使わないで脂漏性皮膚炎を改善するためには、ビタミン剤などで体内からの働きかけも大事です。

でも、頭皮の脂漏性皮膚炎の場合、炎症で過敏になっている頭皮への刺激は極力抑える必要があります。

 

<シャンプーに入っていると悪化の原因になる成分

○○硫酸

△△スルホン酸

 

脂漏性皮膚炎なのに、これらの成分が入ったシャンプーを使っているなら、患部が乾燥してかゆみに負けて、脂漏性皮膚炎に悩まされ続けるかもしれません

 

脂漏性皮膚炎の改善のポイント

頭皮を清潔に保ちつつ、できるだけ刺激の少ないシャンプーを使うことで頭皮をいたわってあげましょう。

 

 

ステロイドいらず?
脂漏性皮膚炎用の薬用シャンプー

KADASONセット

 

皮膚科専門医が監修した「脂漏性皮膚炎」と診断された方にオススメしたい薬用シャンプー。

脂漏性皮膚炎の対策として開発された薬用シャンプーとして、人気が急上昇中なのが、KADASON(カダソン)スカルプシャンプーです。

 

このKADASONスカルプシャンプーには、抗炎症作用を持ったグリチルリチン酸K2やサリチル酸という天然成分がたっぷり配合されていて、保湿成分すら刺激にならないように水溶性保湿成分「シロキクラゲエキス」を選び配合してくれています。

 

KADASONシャンプーの注目ポイントは?
  • 早い人は、使った初日のお風呂上がりから実感できる!
  • 頭皮環境を悪化させる石油系界面活性剤を使用してない!
  • 皮膚の荒れやかゆみが顔にも出ている方にも使える!
  • 長く使い続けることで、「掻く」行為を減らすことに!
  • 今なら25%OFFのお得な特別キャンペーンがある!
  • 送料無料も魅力!

 

頭皮の脂漏性皮膚炎の改善は、ビタミン剤などの体内からの改善と、KADASONスカルプシャンプーで直接頭皮への働きかけてみるのがポイントです。

 

 

KADASONシャンプー以外にも、脂漏性皮膚炎に効果が期待できるシャンプーはあります。

 
他のシャンプーとの違いは?

そのシャンプー特有の成分の特徴は?

できるだけ経済的にする為に、お得なキャンペーンはないの?

そんな気になる部分も詳しく紹介しています。

 

 

 

 

【20190713】シャンプーランキングリンク画像_アンケート_シャンプー成分

 

【リンク画像】シャンプーランキング

 

【リンク画像】スプレーランキング