頭皮管理人です。

成分がココイル、ココアンホ、ラウロイル、ベタインなどがベタインシャンプーと呼ばれます

ベタイン系は、刺激緩和作用もあるので、石油系シャンプーや高級アルコール系シャンプーにも含まれています。紛らわしいので、少し勉強してみましょう。

 

ベタイン系シャンプーの主成分と配合に注意しましょう

先述した通り、石油系シャンプーや高級アルコール系シャンプーにも含まれていることが多いので、「あ!ベタインの主成分が入ってたから、ベタイン系シャンプーだ」というのは、誤ったシャンプーを手に入れてしまいます。

気を付けてください。洗浄成分が、ベタイン系で構成されているシャンプーかをしっかりと見るようにしてください。

 

ベタイン系シャンプーのメリットは低刺激

ベタイン系は、低刺激であり、保湿成分も非常に多く入っています。低刺激なので目に入っても痛くありません。

子どもが使っても安心のシャンプーです。私は、小さいころ目にシャンプーが入った痛みを覚えていて、シャンプーが嫌いになりました。

目に入っても痛くないほど低刺激なので、乾燥や刺激による頭皮のトラブルを引き起こしている人には、良いシャンプーと言えます。

 

シャンプーの値段が上がる

このシャンプーは非常に良い成分を主成分としている分、価格も高い商品です。

なので、若干家計を圧迫してしまいます。頭皮トラブルを抱えているときに、使うのが難しいシャンプーともいえるでしょう。

しかし、頭皮トラブルを抱え続けるよりは明らかに安いですし、頭皮のトラブルを引き起こし続けながら生活をするよりも精神的にも助かることは間違いありません。

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング