カラーリング をすると、頭皮臭いの原因になるというのは本当なんでしょうか

 

当然、色を付ける為に使われている薬剤は刺激が強い成分ですので、髪の毛も頭皮もダメージを受けやすいです。

その結果、頭皮が臭くなるとしてもおかしくはありません。

 

頭皮の臭いは カラーリング のせい?ジンジンしたら要注意

頭皮の臭いは カラーリング のせい?ジンジンしたら要注意

頭皮の臭いは カラーリング のせい?ジンジンしたら要注意

 

女性なら、やっぱりおしゃれしたいし、髪の毛の色も楽しみたいですよね。

でも、頭皮の臭いが気になる女性が増えているのも事実。

30代になると、白髪が気になり始めるという方も少なくありませんから、ヘアカラーリングでキレイな髪の毛を維持したいですよね。

 

カラーリングをする場合、2種類ありますね。

  • 自宅で市販のカラーリング剤を使っている人です。
  • 美容室で、ちゃんと美容師さんにカラーリングしてもらう人。

あなたはどちらですか?

 

私は、自宅で市販のカラーリング剤を使っている派だったんです。

市販のカラーリング剤の方が、美容室よりも安いし、カンタンだし、早くできますよね。

美容室に行く手間を考えると、チャチャッと家でやっちゃいます。

 

市販のカラーリング剤が頭皮の臭いの原因に?

頭皮の臭いは カラーリング のせい?ジンジンしたら要注意

 

市販のカラーリング剤を使った時に、頭皮がジンジンした事はありませんか?

実は市販のカラーリング剤には、かなり刺激の強い成分が使われています。

素人でもカンタンに染められるように。

 

その結果、敏感な頭皮には大きなダメージになるので、頭皮の臭いの原因になる可能性が十分にあるんです。

 

頭皮がジンジンするようならやめる

頭皮の臭いは カラーリング のせい?ジンジンしたら要注意

 

「カラーリング剤を塗ったら、頭皮がジンジンしてきて辛かった」という経験はありませんか?

 

市販のカラーリング剤で染めた事がある方なら、経験した事があるかもしれません。

市販のカラーリング剤は本当に刺激の強い成分が使われているので、もし頭皮がジンジンした事があるなら、もう市販のカラーリング剤を使うのはやめましょう。

 

頭皮のダメージが強すぎるので、頭皮の臭いだけじゃなく、炎症を起こしてしまうかもしれません。

 

どうしても市販のカラーリング剤で染める場合は、ちゃんとパッチテストを行った上で、ジンジンしないのを確認してから染めましょうね。

 

頭皮の臭いを悪化させたくないなら
美容室でのカラーリングが無難

頭皮の臭いは カラーリング のせい?ジンジンしたら要注意

 

頭皮へのダメージを考えると、市販のカラーリングを使って、自宅で染めるのは、頭皮の臭いを改善したい私たちは避けるべきですね。

それでもカラーリングをするなら、どうすればいいか?

それはやはり美容室でのカラーリングです。

 

美容室でカラーリングするのと、自宅でカラーリングするのとでは、大きな違いがあります。

 

自宅で自分でやると、どうしても頭皮についちゃうし、カラーリング剤を洗い流す時にも、自分でやると薬剤がしっかり流せているかわかりません。

 

美容室では、プロの方がやってくれますね。

当然、カラーリング剤が頭皮に良くない事は知っていますから、カラーリング剤を頭皮につけないようにする技術も持ってます。

 

さらに、頭皮近くには刺激の少ない薬剤を使ってくれるので、安心です。

洗い流すときにも、しっかりとカラーリング剤を洗い流してくれます。

 

カラーリング以外の頭皮の臭い原因4つ!

カラーリング剤の種類や、やり方によって頭皮の臭いを回避する事もできると思いますが、「カラーリングを美容室でやったら頭皮の臭いが絶対にしない!」という事でもないんです。

実は、カラーリング後にやっている間違ったケア方法が、頭皮の臭いの原因になる可能性もあるんです。

 

市販シャンプーの洗浄成分で頭皮にダメージ

頭皮の臭いは カラーリング のせい?ジンジンしたら要注意

 

ほとんどの市販シャンプーに配合されている『石油系洗浄成分』は、洗浄力がとても強いので、頭皮がダメージを受けやすいんです。

 

具体的な成分名は?

ラウリル硫酸Na

オレフェンスルホン酸Na など

 

イメージとしては、食器洗いを毎日続けている主婦の方の乾燥してひび割れる手ですね。

上記のような成分が入っているシャンプーで洗い続けると、頭皮でも同じような事が起こってしまうのは嫌ですよね。

 

特にカラーリング後は、頭皮も敏感です。

刺激の強いシャンプーを使う事で、頭皮のダメージを蓄積させるのは、できる限り避けたいですね。

 

シャンプーのし過ぎで頭皮が乾燥

頭皮の臭いは カラーリング のせい?ジンジンしたら要注意

 

私もそうですが、カラーリング後の薬剤のニオイが気になるので、2~3回シャンプーしちゃう事がよくあります。

シャンプーのし過ぎもよくありません。

 

先ほど紹介した刺激の強い洗浄成分のシャンプーで何度も洗うと、髪の毛についたカラーリング剤のニオイは取れるとしても、洗い過ぎで頭皮が乾燥してしまいます。

乾燥した頭皮は傷つきやすく、臭いも発しやすくなるので、シャンプーは1日1回にしておく事をおすすめします。

 

熱いシャワーで頭皮にダメージ

40℃以上のお湯でシャンプーすると、カラーリング後の敏感な頭皮には刺激になってしまいます。

しかも、カラーリング剤の薬剤は熱に弱いので、せっかくカラーリングしたキレイな髪色の色落ちも早くなってしまいます。

 

頭皮にも髪の毛にも優しい38℃くらいのお湯で洗う事で、色落ちも頭皮の臭いも抑える事に繋がりますよ(^ ^)

 

自然乾燥で頭皮の臭い悪化

頭皮の臭いは カラーリング のせい?ジンジンしたら要注意

 

シャンプー後に、そのまま放置していませんか?

カラーリングした後は、特にドライヤーの熱が髪の毛を痛めるんじゃないかと思っている人もいますが、そんな事はありません。

やり過ぎは良くありませんが、ドライヤーの熱で髪の毛の毛並みが良くなるので、自然乾燥よりも髪のツヤ感が違いますよ。

 

また、自然乾燥は楽ですが、その分頭皮に湿りっ気が残るので、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなります。

 

部屋干しした洗濯物の生乾きのニオイと同じことが頭皮でも起こってしまうんです。

 

頭皮の臭いを抑えたい私たちにとっては、自然乾燥はぜったいNGですね。

 

カラーリングで頭皮が臭くならないように対策をしよう!

ここまで色々とお伝えしましたので、一旦まとめましょう。

頭皮の臭いを気にして、好きな髪色にできないのは嫌ですもんね!

 

カラーリングする時の頭皮の臭い対策
  • 美容室でカラーリングしよう!
  • 刺激の強いシャンプーは避けよう!
  • シャンプーは1日1回!
  • 38℃くらいのシャワーで洗おう!
  • 自然乾燥はやめよう!