緑茶の成分が頭皮臭いを改善する。そんな夢のような話があると信じてはいませんでしたが調べれば調べるほどわかってくる緑茶のすごい力。頭皮の臭いに効果がある理由は、緑茶には抗酸化作用という酸化させない成分が豊富に含まれている点にあります。

頭皮の臭いは緑茶で対策!すぐできる頭にティーパックを乗せる方法

緑茶の抗酸化作用を使った頭皮の健康を保つ方法を紹介してみましょう。今回使うのは緑茶のティーパックです。緑茶の出がらしでは拭くときに何か使わなくてはいけませんし、面倒になってしまいます。

緑茶のティーパックは適度な強度がありながらも成分を適度に頭に塗布することができる最善のアイテムでしょう。ティーパックで頭皮を拭くのに抵抗があるのはわかります。私も同じようにティーパックで頭皮を拭くなんて考えたこともない。って感じでした。

でも、効果があるならやってみよう!と思って実際に頭皮に緑茶のティーパックを使って塗布してみました。

緑茶のティーパックで頭皮の臭いが取れるか拭いてみた

結果から言うと効果はあったように感じています。即効性はありません。すぐに頭皮の臭いが全然しなくなったとは言えないでしょう。1週間に2~3回を3週間くらい続けると徐々に効果を感じるくらいにはなるでしょう。頭皮の皮脂が酸化しづらくなったんだと思います。

しかし、ここで少し問題があることもわかりました。

頭皮を拭くときにどうしても髪の毛が邪魔になってしまいます。私はロングヘアーだったので髪の毛が壁のようになってなかなか頭皮を直に拭くことができませんでした。根気強くやっていると時間にして30分くらいはかかってしまったでしょう。慣れてくると徐々に短くはなりますが、拭き忘れなどもしていました。

「面倒だなぁ~」と「時間もったいないなぁ~」と思ってしまいました・・・

緑茶もたらす効果は?

確かに効果を感じることができた緑茶のティーパックでの頭皮の臭いを防ぐ方法は、実際どんな成分が作用したのでしょうか。

緑茶に含まれている抗酸化作用のある成分

サポニン、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンE、カテキン

この記事を書くにあたり調べてみたところ、この5つの成分が頭皮の臭いを抑えるのに効果的だったということです。皮脂の酸化は、脂っぽい頭皮の臭いを発生させます。

脂っぽい頭皮の臭いを改善するには抗酸化作用が必要だったということです。

ミドル脂臭にも効果的だった?

余談ではありますが、ポリフェノールの一種であるカテキンという成分があります。このカテキンは脱臭効果もあるのにプラスしてポリフェノールということは、フラボノイドに属していることになります。

難しい話は抜きにして、フラボノイドはミドル脂臭の原因であるジアセチルの発生を抑制してくれます。ミドル脂臭は最近よく聞く非常に不快な頭皮の臭いです。

>>ミドル脂臭にフラボノイドが効果的な理由

緑茶に含まれているフラボノイド(カテキン)がミドル脂臭の臭いも抑えてくれます。

緑茶のティーパックで頭皮の臭いを取るよりも手軽にできる改善は?

それはシャンプーです。緑茶のティーパックで拭いてみた時の体験談の中でもお話ししましたが、ティーパックで頭皮を拭くのって楽ではありませんでした

特に私のようにロングヘアーであればなおのことでしょう。男性くらいの短さなのであれば案外簡単なのかもしれませんが、一般的な女性の髪の毛の長さで考えるとどうしても継続するときに「時間がかかる」「めんどくさくなってきた」という感情は避けられないと思います。

私の使っているHerbGarden(ハーブガーデン)シャンプー&コンディショナーには、フラボノイドが豊富に含まれていますし、頭皮の保湿や抗酸化作用も豊富に含まれています。そのため、いつものシャンプーをするだけで頭皮の臭いが防げるようになる手軽さがあります。

緑茶のティーパックで改善する方法は、お金がかからなくて経済的ではありますが、面倒に感じて継続できなければ頭皮の臭いを改善することは難しいでしょう。

あなたに合った方法を試してみてください。

>>頭皮管理人が実際に使って評価したHerbGarden(ハーブガーデン)シャンプー&コンディショナーの体験レビューを見てみる

 

 

【20170730】頭皮の臭いスプレーランキング